蓄電池の自治体の補助金には、「都道府県」からのものと「市区町村」からのものがあります。全ての都道府県や市区町村で助成を行っているわけではありません。助成が終了している場合もあるので、お住まいの自治体の状況を調べてみることが大切です。

また補助金の申請は先着順です。
自治体の予算が終了していると、新規の受付を行っていない場合があります。予めご了承ください。

市区町村名 事業名 申請期間 補助金
帯広市 帯広市新エネルギー導入促進補助金 ~2021年1月29日 対象経費の1/10を補助(上限15万円)
樺戸郡新十津川町 新十津川町安心すまいる助成事業 令和2年4月1日~令和5年3月31日 助成対象工事費の1/5を助成(最大40万円)
北見市 北見市住宅用太陽光発電システム導入費補助制度 ~2020年6月26日 定置用蓄電システム(同時設置)15万円(定額)
定置用蓄電システム(単独設置)10万円(定額)
札幌市 再エネ省エネ機器導入補助金制度 2020年5月8日~2020年12月1日 1kWhあたり3万円(上限12万円)
苫小牧市 苫小牧市住宅用新・省エネルギーシステム補助事業 2020年4月6日~ 対象システムの購入・設置に要する費用の1/10(上限12万円)

補助金の適用と支給には自治体ごとにルールが決められています。
蓄電池をご検討中の方は自治体にご確認いただくか、省エネドットコムまでお問合せください。

補助金の無料相談はこちら