省エネ型家電や太陽光発電など、節電ができる製品はたくさんあるけれど、せっかく省エネに取り組むなら、楽しく、かつ確実に成果を出せたら嬉しいですよね?そんな理想の省エネを後押しするのが「HEMS(ヘムス)」というシステム。「楽しく」「確実に成果を出せる」秘密をご紹介します。

「HEMS」を知る2つのキーワードは「見える化」と「一元管理」

「HEMS」とは、「Home Energy Management System」の略。カラーモニターが付いた、家庭用の電力管理システムです。

「HEMS」のキーワードは、「見える化」と「一元管理」の2つ。「見える化」のポイントは、モニターに詳しい電力使用量がリアルタイムで表示されること。いつ、どの部屋の、どの機器で多くの電力を使っているかが一目瞭然なので、節電対策が立てやすく、結果も目に見えて実感できるので、モチベーションの維持がしやすくなります。目に入りやすい位置にモニターを設置すれば、家族の省エネ意識の向上にもつながります。「一元管理」のポイントは、例えばエアコンのスイッチや、帰宅時間に合わせた湯張りを外出先からスマホ操作で行うことができます。また、電気代が安い時間帯、高い時間帯を見極めて電子機器を自動制御すれば、電気の使用量を最適化することが可能。無駄な労力をかけることなく効率的に節電できます。

「スマートハウス」に欠かせない「HEMS」

「電気をつくる・ためる・効率的に使う」新しい省エネ住宅として注目されている「スマートハウス」。この住まいのかたちを実現するために「HEMS」は欠かせない存在です。太陽光発電などで「つくり」「ためた」電気も、ムダ遣いしてしまえば水の泡。しかし、「見える化」と「一元管理」の機能を持っている「HEMS」を使えば、ムリなく確実なエネルギーマネジメントが可能になります。住宅の省エネ化を推進する国も「HEMS」に注目しており、2030年までに全ての住まいに設置することを目指しています。

まとめ

電力の「見える化」と「一元管理」。この「HEMS」の2つの機能が、「楽しく」「確実に」省エネができる秘密。節電対策の成果を実感しながら楽しんで取り組みたいという方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。