市区町村名 事業名 申請期間 補助金
東京都 集合住宅における充電設備等導入促進事業(平成30年度) 2018/6/11~2019/3/29 (1)充電設備
ア.充電設備購入費(V2H充電設備を除く。)
購入価格から国補助事業の補助金額を差し引いた額と国補助事業において充電設備の種類等に応じて定める補助金交付上限額のいずれか低い方の金額
イ.充電設備購入費(V2H充電設備に限る。)
購入価格から国補助事業の補助金額を差し引いた額と国補助事業において充電設備の種類等に応じて定める補助金交付上限額の2分の1の額のいずれか低い方の金額
ウ.充電設備設置工事費
工事費から国補助事業の補助金額を差し引いた額、上限は81万円

(2)太陽光発電システム及び蓄電池の設備購入費及び設置工事費
助成対象経費の合計金額に10分の10を乗じた額、上限は1千万円

青ヶ島村 掲載なし
昭島市 昭島市住宅用新エネルギー機器等普及促進補助金(平成30年度)(第1期) 2018/9/3~2018/10/31 太陽光発電:2万円/kw、上限は8万円
太陽熱ソーラーシステム:5万円
太陽熱温水器:2万5千円
蓄電池:機器費の3分の1以内の額、上限は5万円
エネファーム:5万円
エコウィル:3万円
直管型LED照明器具改修工事(対象は既存家屋、ランプのみの交換も対象):工事費等の3分の1以内の額、上限は10万円
あきる野市 掲載なし
足立区 足立区太陽光発電システム設置費補助金(平成30年度) 2018/4/11~2019/2/28 補助対象経費の3分の1に相当する額または6万円/kwのうちいずれか小さい金額、上限は24万円(分譲マンションの場合60万円、公益的施設の場合120万円)

※足立区内事業者と設置契約した場合は、7.2万円/kw、上限は28.8万円、分譲マンションの場合72万円、公益的施設の場合144万円

荒川区 荒川区地球温暖化防止及びヒートアイランド対策事業助成金(平成30年度) ~2019/3/1 太陽光発電システム機器:2万円/kw、上限は20万円
家庭用燃料電池装置設置(エネファーム):機器費用(本体)と設置費用の20分の1、上限は5万円
家庭用蓄電システム設置:1万円/kWh、上限は10万円
高断熱窓への改修:施工費用の5分の1の額、上限は区内業者と契約した場合15万円、区外業者の場合10万円
※その他詳細はHPを参照
板橋区 板橋区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金(住宅用)(平成30年度) 2018/4/2~2019/3/8 住宅用太陽光発電システム2.5万円/kw、上限は10万円
住宅用燃料電池システム:設置に要する経費の5%、上限は5万円
住宅用畜電池システム:1万円/kw、上限は5万円
HEMS:定額1万円(但し、補助対象経費が定額を下回る場合は、その金額の千円単位未満の端数を切捨て、補助金額とする。)
窓の断熱化:設置に要する経費の25%、上限は10万円
集合住宅共用部LED化:設置に要する経費の20%、上限は30万円
稲城市 掲載なし
江戸川区 掲載なし
青梅市 掲載なし
大島町 掲載なし
大田区 大田区住宅用太陽エネルギー利用機器設置等に係る補助金(太陽光発電システム)(平成30年度) 2018/4/2~2019/3/29 1kWあたり45,000円
上限額は270,000円
小笠原村 掲載なし
葛飾区 かつしかエコ助成金《個人住宅用》(平成30年度) 2018/4/2~2019/3/29 太陽光発電システム:8万円/kw、上限は40万円
太陽熱温水器:2万円/㎡、上限は10万円
太陽熱ソーラーシステム:3万円/㎡、上限は15万円
家庭用燃料電池(エネファーム):1台まで5万円
蓄電池:助成対象経費の1/4、上限は20万円
電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・燃料電池自動車:クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業における交付額の1/4、上限は25万円
ゼロエネルギーハウス(ZEH):各補助事業の補助額の1/4で1戸まで、上限は30万円
※詳細はHP参照。
かつしかエコ助成金《集合住宅用》(平成30年度) 2018/4/2~2019/3/29 太陽光発電システム:8万円/kw、上限は40万円
太陽熱温水器:2万円/㎡、上限は10万円
太陽熱ソーラーシステム:3万円/㎡、上限は15万円
蓄電池:助成対象経費の1/4、上限は100万円、容量10kWh未満のものは20万円
※詳細はHP参照。
北区 新エネルギー及び省エネルギー機器等導入助成(平成30年度) ~2019/2/28 【一般用】(区外業者による設置・施工)
太陽光発電システム:8万円/kW、上限は20万円
太陽熱温水器・ソーラーシステム:助成対象経費の50%、上限は15万円
高効率給湯器、家庭用燃料電池装置…1台当たり5万円
住宅用蓄電システム…1万円/kWh、上限は5万円
HEMS…助成対象経費の20%、上限は2万円

【一般用】(区内業者による設置・施工)
太陽光発電システム:9.6万円/kW、上限は24万円
太陽熱温水器・ソーラーシステム:助成対象経費の60%、上限は18万円
高効率給湯器、家庭用燃料電池装置…1台当たり6万円
住宅用蓄電システム…1.2万円/kWh、上限は6万円
HEMS…助成対象経費の24%、上限は2.4万円

※その他HPを参照

清瀬市 平成30年度清瀬市太陽光発電システム等設置補助金(第2期) 2018/12/1~2019/2/2 太陽光発電システム:3万円/kw、上限は10万円
家庭用燃料電池(エネファーム):5万円又は当額補助対象機器等の設置に要した額のいずれか低い額
※両機器を設置した場合は、それぞれを合わせた金額
国立市 平成30年度国立市住宅用スマートエネルギー関連システム設置費補助金 2018/5/7~2019/3/29 太陽光発電システム(HEMS設置必須):5万円
燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム):4万円、HEMS設置の場合プラス1万円
蓄電池システム:4万円、HEMS設置の場合プラス1万円
太陽熱利用システム:4万円
神津島村 掲載なし
江東区 平成30年度【住宅用】江東区地球温暖化防止設備導入助成事業 2018/4/2~2019/3/8 太陽光発電システム:5万円/kw、上限は20万円、集合住宅で共用部分に連系する場合は上限150万円
CO2冷媒ヒートポンプ給湯機(エコキュート):設置に要する経費の5%、上限は4万円/1設備
家庭用燃料電池装置(エネファーム):設置に要する経費の5%、上限は10万円
エネルギー管理システム機器(HEMS・MEMS):設置に要する経費の5%、上限は2万円、集合住宅は15万円
高反射率塗装:1,000円/㎡、上限は20万円、集合住宅は150万円
蓄電池:設置に要する経費の5%、上限は10万円、集合住宅は50万円
高断熱窓(既築のみ対象):設置に要する経費の10%、上限は10万円、集合住宅は100万円
小金井市 小金井市住宅用新エネルギー機器等普及促進補助金(平成30年度) 2018/4/1~2019/3/20 燃料電池:5万円
太陽光発電設備:3万円/kW、上限10万円
蓄電システム:5万円
太陽熱温水器:1万5千円
太陽熱ソーラーシステム:3万円
国分寺市 国分寺市住宅用太陽光発電機器等設置助成金(平成30年度) 2018/4/2~2019/3/29 住宅用太陽光発電機器:2万円/kw、上限は8万円
住宅用燃料電池コージェネレーション機器(エネファーム):4万円
小平市 小平市新エネルギー機器設置モニター助成制度(平成30年度) 2018/4/1~2019/3/31 太陽光発電システム:4万円/kw(上限12万円、共同住宅・事業所の場合は上限15万円)
燃料電池(エネファーム):2万5千円/1機器
狛江市 狛江市地球温暖化対策住宅用設備導入助成金(平成30年度) 2018/4/2~2019/1/31 ホームエネルギー管理システム(HEMS):機器本体(情報収集装置、測定装置、専用モニター)費用の3分の1以下、上限は2万円
太陽光発電システム:2万円/1kW、上限は8万円(共同住宅の場合は上限20万円)
家庭用燃料電池:1件当たり5万円
日射調整フィルム:材料費の4分の1以下、上限は4万円(共同住宅の場合は上限20万円)
高反射率塗装:材料費の4分の1以下、上限は4万円(共同住宅の場合は上限20万円)
品川区 品川区太陽光発電システム設置助成金(平成30年度) 2018/4/1~2019/3/20 家庭用:3万円/kw、上限は9万円
業務用:3万円/kw、上限は15万円
渋谷区 掲載なし
新宿区 新宿区新エネルギー及び省エネルギー機器等導入補助金(個人住宅用機器等)(平成30年度) 2018/4/16~2019/2/28 太陽光発電システム(個人住宅用):10万円/kW、上限は30万円
太陽熱給湯システム:本体価格の20%、上限は30万円
太陽熱温水器:本体価格の20%、上限は10万円
CO₂冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート):定額10万円
家庭用燃料電池(エネファーム):定額10万円
高反射率塗装(屋根または屋上):2千円/m2、上限は20万円
雨水利用設備:本体価格の50%、上限は2万円
断熱窓改修:施工経費の25%、上限は10万円
杉並区 杉並区低炭素化推進機器等導入助成金(平成30年度) 2018/4/5~2019/2/28 太陽光発電システム:4万円/kw、上限は12万円
強制循環式ソーラーシステム:2万円/m2、上限は6万円
自然循環式太陽熱温水器:1万円/m2、上限は2万円
定置用リチウムイオン蓄電池:1万円/kwh、上限は8万円
自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート):定額5万円
家庭用燃料電池(エネファーム):定額5万円
高日射反射率塗装:1,000円/m2、上限は15万円
窓断熱改修:上限は15万円※詳細はHPを参照
墨田区 墨田区地球温暖化防止設備導入助成金(平成30年度) 2018/4/2~2019/2/28 (1)充電設備
ア.充電設備購入費(V2H充電設備を除く。)
購入価格から国補助事業の補助金額を差し引いた額と国補助事業において充電設備の種類等に応じて定める補助金交付上限額のいずれか低い方の金額
イ.充電設備購入費(V2H充電設備に限る。)
購入価格から国補助事業の補助金額を差し引いた額と国補助事業において充電設備の種類等に応じて定める補助金交付上限額の2分の1の額のいずれか低い方の金額
ウ.充電設備設置工事費
工事費から国補助事業の補助金額を差し引いた額、上限は81万円

(2)太陽光発電システム及び蓄電池の設備購入費及び設置工事費
助成対象経費の合計金額に10分の10を乗じた額、上限は1千万円

世田谷区 掲載なし
台東区 台東区再生可能エネルギー機器等助成金(個人宅、共同住宅向け)(平成30年度) 平成30年度 太陽光発電システム:5万円/kw、上限は戸建住宅用20万円、共同住宅共用部用50万円
家庭用燃料電池(エネファーム):1台あたり14万円
共同住宅共用部用LED照明:工事費用(税抜)×20%、上限は30万円
立川市 掲載なし
多摩市 掲載なし
中央区 中央エコアクト家庭用 太陽光発電システム、高効率給湯器(エコウィル、エネファーム)などの導入における助成制度の上乗せ助成
平成30年度中央区自然エネルギー・省エネルギー機器等導入費助成(住宅・共同住宅用) 平成30年度 太陽光発電システム:10万円/kW、住宅の場合の上限は35万円、共同住宅(共用部)の場合の上限は100万円
ソーラーシステム:1万6500円/m2、上限は15万円
ガスエンジン給湯器(エコウィル):導入費の20%、上限は15万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム):導入費の20%、上限は65万円
高反射率塗料等(屋上用高反射率塗料、窓用日射調整フィルム及びコーティング材):導入費の20%、住宅の場合の上限は10万円、共同住宅(共用部)の上限は70万円
LEDランプ:導入費の20%、上限は40万円

【中央エコアクトの認証を受けた家庭】
太陽光発電システム:15万円/kw、上限は42万円
ソーラーシステム:2万5千円/1m2、上限は18万円
ガスエンジン給湯器(エコウィル)、家庭用燃料電池システム(エネファーム)、高反射率塗料等:導入費の35%、上限はエコウィル18万円、エネファーム78万円、高反射率塗料等(住宅)12万円

調布市 調布市太陽光発電設備等取付け等工事費補助金(平成30年度) 平成30年度 太陽光発電設備取付け:2.5万円/kw、上限は10万円
太陽熱利用機器取付け:対象工事経費の10%に相当する額、上限は10万円
千代田区 平成30年度千代田区省エネルギー改修等助成制度 ~2019/2/8 宅:対象経費の20%、上限は合計50万円
マンション共用部:対象経費の20%、上限100万円(~100戸)、上限200万円(101~200戸)、上限300万円(201戸~)
事業所ビル:対象経費の20%、上限は100万円
豊島区 平成30年度豊島区エコ住宅普及促進費用助成金(一般住宅向け) 2018/4/2~2019/1/31 住宅用太陽光発電システム:2万円/kW、上限は8万円
住宅用自然循環式太陽熱温水器:2万円(一律)
住宅用強制循環式ソーラーシステム:5万円(一律)
雨水貯水槽:1万円(設置費3万円~5万円未満)、2万円(設置費5万円以上)
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム):8万円(一律)
住宅用エネルギー管理システム(HEMS):機器本体価格の3分の1、上限は2万円
断熱改修窓:設置費の4分の1、上限は10万円
平成30年度豊島区エコ住宅普及促進費用助成金(集合住宅共用部分) 2018/4/2~2019/1/31 集合住宅共用部分用太陽光発電システム:2万円/kW、上限は8万円
集合住宅共用部分用LED照明器具:機器設置費用の5分の1、上限は20万円
利島村 掲載なし
中野区 掲載なし
新島村 掲載なし
西多摩郡奥多摩町 掲載なし
西多摩郡日の出町 平成30年度日の出町住宅用太陽エネルギー利用機器設置費補助金 2018/11/1~2019/1/11 太陽光発電システム:2万5千円/kw以内(上限10万円)
自然循環式太陽熱温水器:6千円/㎡以内(上限1.8万円)
強制循環式ソーラーシステム:1万円/㎡以内(上限6万円)
西多摩郡檜原村 掲載なし
西多摩郡瑞穂町 平成30年度瑞穂町住宅用創エネ・省エネ機器購入費助成金 2018/4/1~2019/3/31 二酸化炭素冷媒ヒートポンプ給湯器:購入金額の100分の10に相当する額、上限は2万円
潜熱回収型給湯器:購入金額の100分の10に相当する額、上限は1万円
太陽光発電システム:2万円/kw、上限は6万円、HEMS(ヘムス)の同時設置有りの場合:2万5千円/kw、上限は7万5千円
太陽熱利用システム
(1)自然循環式ソーラーシステム:5千円/m2、上限は1万5千円
(2)強制循環式ソーラーシステム:1万円/m2、上限は3万円
燃料電池:購入金額の100分の4に相当する額、上限は6万5千円、HEMS(ヘムス)の同時設置有りの場合:上限は8万円
蓄電池:2万円/kWh、上限は6万円、HEMS(ヘムス)の同時設置有りの場合:2万5千円/kWh、上限は7万5千円
西東京市 掲載なし
練馬区 練馬区再生可能エネルギー・省エネルギー設備設置補助制度(平成30年度) 2018/8/1~2019/2/28 補助対象設備の設置等に係る費用から消費税の額を除き、さらに対象設備に国や都など他自治体の補助金を申請している場合には、その補助金額を差し引いた額の2分の1または各対象設備ごとに定めた補助上限額のうちいずれか低い方の額。

太陽光発電設備区民および事業者:上限5万円、管理組合:上限20万円
強制循環式太陽熱利用システム区民および事業者:上限2万5千円、管理組合:上限20万円
自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート)区民および事業者:上限2万5千円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)区民および事業者:上限5万円
蓄電システム区民および事業者:上限6万円、管理組合:上限20万円
ビークル・トゥ・ホームシステム区民および事業者:上限2万5千円、管理組合:上限20万円
直管形LED照明等事業者:上限2万円、管理組合:上限20万円
改修窓(窓の断熱改修)区民および事業者:上限4万円、管理組合:上限20万円

八王子市 掲載なし
八丈島八丈町 掲載なし
羽村市 羽村市創省エネルギー化助成(平成30年度) 2018/5/1~2019/1/31 助成対象工事等に係る経費の2分の1または限度額のいずれか低い方をエコポイントにて助成、上限は50万エコポイント

【限度額】
太陽熱利用システム優先施工者:15万円
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム優先施工者:10万円
地中熱利用システム優先施工者:40万円
太陽光発電システム優先施工者は1.6万円/kw、上限は住宅8万円、事業所40万円。一般施工者は0.8万円/kw、上限は住宅4万円、事業所20万円。
次世代自動車(EV及びPHV)優先施工者30万円、一般施工者15万円
詳細はHP参照

東久留米市 掲載なし
東村山市 掲載なし
東大和市 掲載なし
日野市 平成30年度日野市住宅用太陽光発電システム等普及促進補助金交付事業 2018/11/1~2018/12/21 太陽光発電システム:2万円/kw、上限は12万円
住宅用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム):1件につき2万円
住宅用ガス発電給湯器(エコウィル):1件につき1.5万円
自然循環型太陽熱温水器:1件につき2万円
強制循環型ソーラーシステム:1件につき5万円
府中市 府中市エコハウス設備設置補助金(平成30年度) 2018/4/2~ 太陽光発電システム:2万円/kw、上限は10万円
太陽熱高度利用システム:2万円
ガスエンジン給湯器:1万5千円
二酸化炭素冷媒ヒートポンプ給湯器:1万5千円
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム:2万5千円
雨水貯留槽:本体と架台の購入に要する費用の4分の1で上限は1万円
福生市 掲載なし
文京区 平成30年度 文京区新エネルギー・省エネルギー設備設置費助成 2018/5/1~2019/2/28 住宅用太陽光発電システム:5万円/kW、上限は20万円
CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート):9万円/台
家庭用燃料電池(エネファーム):15万円/台
家庭用蓄電システム:1万円/kWh、上限は10万円
町田市 掲載なし
御蔵島村 掲載なし
三鷹市 三鷹市新エネルギー・省エネルギー設備設置助成金(平成30年度) 2018/4/2~ 新エネルギー設備(太陽光発電設備、風力発電設備):2万円/kW×設備の最大出力量、上限は10万円
蓄電池(太陽光発電設備あり):5万円
強制循環式ソーラーシステム:5万円
自然循環式太陽熱温水器:2万円
燃料電池コージェネレーション(エネファーム):3万円
自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート):2万円

申請者が新たに購入した建物にあらかじめ設備がついていた場合、建売分譲等で設備があらかじめ設置してあった場合は1万5千円、上限は4万5千円

港区 太陽光発電システム設置費助成(平成30年度) 2018/4/2~2019/2/28 10万円/kW、上限は区民の場合40万円、管理組合等・中小企業者・個人事業者の場合99万9千円
三宅島三宅村 掲載なし
武蔵野市 平成30年度武蔵野市効率的なエネルギー活用推進助成制度 ~2019/4/5 HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム):5万円
太陽光発電システム:3万円/kw、上限は15万円
太陽熱温水システム:5万円
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム):6万円
蓄電池システム:1万円/kw、上限は6万円
既設窓の断熱改修:10万円

上限は、助成対象機器の購入費用の2分の1相当額、既設窓の断熱改修については助成対象設備の改修費用の5分の1相当額

武蔵村山市 掲載なし
目黒区 平成30年度目黒区住宅用新エネルギー及び省エネルギー設備設置費助成 2018/6/1~2018/12/28 (1)充電設備
ア.充電設備購入費(V2H充電設備を除く。)
購入価格から国補助事業の補助金額を差し引いた額と国補助事業において充電設備の種類等に応じて定める補助金交付上限額のいずれか低い方の金額
イ.充電設備購入費(V2H充電設備に限る。)
購入価格から国補助事業の補助金額を差し引いた額と国補助事業において充電設備の種類等に応じて定める補助金交付上限額の2分の1の額のいずれか低い方の金額
ウ.充電設備設置工事費
工事費から国補助事業の補助金額を差し引いた額、上限は81万円

(2)太陽光発電システム及び蓄電池の設備購入費及び設置工事費
助成対象経費の合計金額に10分の10を乗じた額、上限は1千万円