MENU
> どこまでできる?太陽光発電 > 震災後に寄せられた太陽光発電についての疑問
どこまでできる?太陽光発電
  • mixi

震災後に寄せられた太陽光発電についての疑問

「蓄電はできるの?」「夜は使えないの?」などお客様から寄せられた質問をご紹介します。 

停電でも利用可能でしょうか?
自立運転コンセント(非常用電源)

日中の晴れたときであれば、停電時でも緊急用の非常用電源が利用できます。

非常用電源は、最大1,500Wの利用が可能で、専用のコンセントに電気機器をつないで利用することが可能です。天候によりますが、扇風機や、テレビ、ラジオなど緊急時に情報を得るための電気機器がご利用頂けます。

※ご利用の際には、ご利用上のご注意をお読みください。

非常用電源を利用するにはどうすれば良いの?

非常用電源を利用するには、太陽光発電システムの自立運転モードへの切り替えが必要です。

自立運転の切り替え方法はメーカーにより異なります。各メーカーの操作方法をご紹介しておりますので、ご参考になさってください。

シャープ | 京セラ | 三菱電機 | 三洋電機

※ご利用の際には、ご利用上のご注意をお読みください。

夏場、3時間程度の停電中の電力は賄えますか?

太陽が照っている昼間は、非常用電源の利用が可能です。

非常用電源は最大1,500W利用できるため、夏場の3時間程度の停電時に扇風機や小型の冷蔵庫などが利用可能です。

※ご利用の際には、ご利用上のご注意をお読みください。

費用やシステムのことなど、もっと詳しいQ&Aはこちら
太陽光発電Q6A

蓄電はできるのでしょうか?

蓄電はできませんが、日中の停電時は非常用コンセントから最大1,500Wの電力が利用可能です。

1,500Wの電力では、扇風機やテレビ、ラジオなど緊急時に情報を得るための電気機器の利用や、携帯の充電がおこなえるため安心です。

※ご利用の際には、ご利用上のご注意をお読みください。

夜間や曇りの日は使えないのでしょうか?

太陽光発電の発電量は入射する光の量に比例いたしますので、太陽の出ていない夜間は使用することができません。

設置条件にもよりますが、曇りや雨の場合でも日射量があれば、発電量は減りますが使用可能です。

震災時にも、家が無事であれば太陽光発電は稼働できますか?

太陽光発電システムと周辺機器、分電盤に破損がない場合には、稼働が可能です。

しかし停電になると、システムで発電した電力を使う回路も遮断されるため、通常の連系運転ができなくなります。その場合は、手動で自立運転に切り替える事で非常用のコンセントから最大1,500Wの電力を利用することができます。
機器が作動しないなど、故障の可能性がある場合には、お客様ご自身で電線やパネルに触られたり、屋根に上られたりすることはお止め頂き、まずは販売店にお問い合わせください。

※ご利用の際には、ご利用上のご注意をお読みください。

費用やシステムのことなど、もっと詳しいQ&Aはこちら
太陽光発電Q&A

震災に伴い、今後太陽光発電の国や自治体の助成制度はどのように変化していくのでしょうか?

再生エネルギーの固定価格買取制度がスタートし、一部自治体では補助金制度が実施されております。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度と自治体の補助金については、下記にてご案内しています。

震災の影響で引っ越しを考えているのですが、太陽光発電を一緒に移動することは可能でしょうか?

太陽光発電システムを移設することは可能です。

当社は全国に拠点をもっておりますので、お引越しサービスも実施しております。詳しくはお問い合わせください。

費用やシステムのことなど、もっと詳しいQ&Aはこちら
太陽光発電Q6A

非常用電源を利用する上でのご注意

非常用電源は、設置容量が大きくても、1,500W(1.5kW)が上限です。接続する電気機器の容量にご注意ください。

パワーコンディショナの機種によっては、750Wが上限の機種もありますので、詳しくは説明書をご覧ください。

エアコンやオーブンレンジなど、大電力を要するものは起動しないか、動作が不安定になります。

【以下の製品はつながないでください。】

すべての医療機器、灯油やガスを用いた暖房機器
パソコン、ワープロなどの情報機器およびその周辺機器、電子レンジなどの調理機器
その他、電源が切れると生命や財産に損害を受ける恐れのある機器

途中で電源が切れると生命や財産に損害を受ける恐れがありますので、ご使用にならないでください。

夜間は使用できません。また、雨天・曇天時には小容量の電気機器にしか使えない、もしくは、使用できない場合があります。
雨天・曇天時や、太陽光パネルに急に影がかかる場合など、自立運転コンセントの出力は低下します。電源が切れると故障する可能性が高い機器、例えばデスクトップ・パソコンは、最悪の場合、ハードディスクの破損等にもつながるので、接続を避けたほうが良いでしょう。

その他の注意事項

停電が回復したときは、自立運転モードから連系運転モードへ手動で切り替えてください。
自立運転用コンセントを使用してください。通常のコンセントは使用できません。
パワーコンディショナの運転音が大きくなる場合があります。
自立運転モードを自動停止した翌日(停電が続いている翌日)は、手動で自立運転を開始してください。
自立運転時の発電量と自立運転用コンセントからの消費量は積算されません。

  • 詳細な効果を見てご検討したい方へ
    無料診断・お見積り
  • メーカーの見積りを一括請求
    メーカー一括見積り
  • WEBで効果や見積りがすぐ分かる
    発電シミュレーション
  • 他社からもらった見積り
    見積り診断
  • 蓄電池の設置を検討中の方へ
    蓄電池の無料お見積り
  • 詳細な効果を見てご検討したい方へ
    総合お問い合わせ
[an error occurred while processing this directive]

各種お問合せはこちらから

発電シミュレーション

無料調査・お見積り

メーカー一括お見積り

見積り診断