MENU
> > > 鉄則4 買取制度や自治体の助成制度をうまく活用しよう!

知っておきたい費用の鉄則

「知っておきたい費用の鉄則」トップページへ戻る

【鉄則4】 買取制度や自治体の助成制度をうまく活用しよう!

買取制度の活用で、売電価格が37円、回収期間が約10年程度に※2

売電価格が1kWhあたり、37円になりました

新買取制度
※金額は2014年4月現在

補助金に加え、2009年11月には家庭で余った電気を10年間買い取ってくれる「余剰電力買取制度」がスタート。2012年7月からは再生可能エネルギーの固定買取制度により、昼間発電した電気を売電して得られる売電収入が多くなり、回収期間も従来の20年から10年前後に短縮することが可能になりました。※2

買取制度にも申込み期限があり、現在の37円は、平成27年3月末までに電力会社へ受給契約申込をされた方が対象になります※3それ以降については、売電価格が変更になる可能性があります。
(売電価格は太陽光発電の普及が進むにつれて減少傾向にあります。)

※2 こちらは容量10kW未満を平成27年3月末までに設備認定を受けた場合の売電価格で、余剰での電力買取となります。詳しくはお問い合わせください。
※3 詳しくは各電力会社へお問い合わせください。

地方自治体の「補助金制度」の活用で、設置価格がお得になる可能性も

都道府県や市区町村で、太陽光発電導入に関する補助金制度を設けている自治体があります。年度ごとの制度となり、先着順の申込みで予算に達し次第終了する自治体がほとんどで、締切日より早くに終了する場合があります。

ご自宅のシミュレーション・お見積りをしてみる場合はこちらから
無料調査・お見積り
プロのCHECKポイント

国の助成制度の開始で、一般のご家庭にも普及が広がり始めました

これまで太陽光発電は、設置費用が高く回収期間も15~20年と一般のご家庭ではなかなか手を出せないシステムでした。
今回の国の助成制度により、設置費用もおさえられ投資回収期間の短縮も可能となったため、経済メリットも出やすくなり一般のご家庭の普及も広がっています。

次ページでは、設置後に少しでもお支払い期間を短くするための設置後のローンのメンテナンスについてご紹介します。

  • 詳細な効果を見てご検討したい方へ
    無料診断・お見積り
  • メーカーの見積りを一括請求
    メーカー一括見積り
  • WEBで効果や見積りがすぐ分かる
    発電シミュレーション
  • 他社からもらった見積り
    見積り診断
  • 蓄電池の設置を検討中の方へ
    蓄電池の無料お見積り
  • 詳細な効果を見てご検討したい方へ
    総合お問い合わせ

各種お問合せはこちらから

発電シミュレーション

無料調査・お見積り

メーカー一括お見積り

見積り診断