MENU
> > > 2017年度 蓄電池の補助金一覧(関東)

2017年度 蓄電池の補助金一覧(関東)

蓄電池・蓄電システムの設置に国や地方自治体から補助金が交付されます。

2016年度補助金はこちら

茨城県

自治体名 申請期間 補助金額 詳細
下妻市 2017/10/2~ 1台あたり50,000円
上限額は0円
つくば市 2017/4/3~2018/3/15 太陽光発電システム+蓄電池(新たに太陽光発電システムと蓄電池を同時設置)…15万円
蓄電池…12万円
燃料電池(エネファーム)…10万円
クリーンエネルギー機器パッケージ(太陽光発電システム,蓄電池,燃料電池,HEMSを新たに同時設置)…30万円
潮来市 2017/10/2~2018/1/31 1台あたり50,000円 上限額は0円
神栖市 2017/4/3~ 定置用リチウムイオン蓄電池…15万円

栃木県

自治体名 申請期間 補助金額 詳細
宇都宮市 2017/5/9~2018/3/30 定置型蓄電池:補助対象経費の10%、上限30万円
蓄電池を備えた自動車:補助対象経費の10%、上限30万円
栃木市 平成29年度 定置型蓄電池:補助の対象となる費用の10%、上限10万円
鹿沼市 2017/4/1~ リチウムイオン蓄電池…設置費用50万円以上の時、 一律5万円 ※鹿沼市で使える商品券を支給
日光市 2017/5/1~ 住宅用蓄電システム…2万円/kWh、上限10万円
小山市 ~2018/4/30 太陽光発電設備…単独設置1.5万円/kw、上限は4.5万円 リチウムイオン蓄電池と同時設置2.5万円/kw、7.5万円
高効率給湯器…エコキュート(ヒートポンプのエネルギー消費効率が3.0以上)1万円
エコワン(ヒートポンプのエネルギー消費効率が3.0以上で、給湯効率が90%以上)1万円
エネファーム(発電効率が35%以上で、排熱効率が50%以上)2万円
定置用リチウムイオン蓄電池(電池容量が2kW以上で、かつ定格出力が500W以上であること)…3万円
大田原市 2017/4/3~2018/3/30 1基当たり、補助対象経費(設備購入費+設置工事費)の10分の1に相当する額又は10万円のいずれか少ない額を補助。 燃料電池1基まで、蓄電池1基までの合計200,000円を限度額とする。
那須塩原市 2017/4/3~ 1基あたり10万円
那須烏山市 対象設備と当該設備に付随する工事費が対象 限度額:2000万円。返済期間:10年以内(据置期間1年以内)。利率:1.5%。

群馬県

自治体名 申請期間 補助金額 詳細
群馬県 融資限度額:住宅用太陽光発電設備 200万円、住宅用太陽光発電設備+蓄電池 300万円 融資期間:10年以内
桐生市 2017/5/1~2018/3/30 蓄電池設備…5万円
沼田市 2017/4/3~ 定置用リチウムイオン蓄電池システム:1万円/kWh、上限5万円
館林市 2017/4/11~2018/3/23 住宅用太陽光発電システム:2万円/kw、上限7万円
定置用リチウムイオン蓄電池システム:1.5万円/kWh、上限7万円
渋川市 2017/4/3~2018/3/30 太陽光発電システム…3万円/kw、上限5万円
リチウムイオン蓄電池…15万円/基 木質ペレットストーブ…本体等購入費及び設置工事費の1/2以内、上限10万円
みどり市 2017/4/1~2018/3/31 融資金額:300万円以内
融資期間:15年以内
金利:固定金利 年2.50%(平成27年8月1日現在)
返済方法:毎月元利均等返済

埼玉県

自治体名 申請期間 補助金額 詳細
埼玉県 融資金額:300万円以内
融資期間:15年以内
金利:固定金利 年2.50%(平成27年8月1日現在)
返済方法:毎月元利均等返済
埼玉県 2017/4/3~2018/2/28 費用総額の1/10
上限額
太陽光発電設備…20万円
LED照明器具…6千円
給湯機(エコジョーズ、エコフィール)、給湯機(エコキュート、エネファーム、エコウィル、ハイブリッド給湯機)、太陽熱利用システム、換気設備、蓄電池、地中熱利用システム…10万円
埼玉県 ~2018/2/28 太陽光発電システム (既築)2kW未満4万円 2kW以上8万円 (新築)2kW未満2万円 2kW以上4万円
太陽熱利用システム(自然循環型) 3万円
太陽熱利用システム(強制循環型) 5万円
太陽光採光システム 5万円
ガスエンジン給湯器(エコウィル) 3万円
家庭用燃料電池(エネファーム) 4万円
家庭用蓄電池 2.5万円/1kWh 上限10万円
V2H(ビークル・トゥ・ホーム)システム 5万円
地中熱利用システム 30万円
HEMS(ホームエネルギーマネジメントシステム) 1万円
太陽フル活用プラン…3万円加算
スマートプラン…4万円加算
※詳細はHPを参照
さいたま市 平成29年度 太陽光発電システム…3kw以上4kw未満3万円、上限は4万円。
太陽熱利用システム…1.8万円。
エネファーム…5万円
定置用リチウムイオン蓄電池…15万円。
川越市 2017/4/14~2018/1/31 補助対象経費の100分の5 上限5万円(「まち元気」熊谷市商品券で交付)
熊谷市 ~2018/3/30 太陽光発電システム…市内業者による設置の場合1システム20万円、市内業者以外による設置の場合1システム10万円
公称最大出力の合計が6kW以上の設置の場合2万円/kw 増額、上限10万円
コージェネレーションシステム(燃料電池「エネファーム」、ガスエンジン給湯器「エコウィル」)…市内業者による設置の場合1システム6万円、市内業者以外による設置の場合1システム5万円
太陽熱利用システム…市内業者による設置の場合1システム 20万円、市内業者以外による設置の場合1システム10万円
定置用リチウムイオン蓄電池…市内業者による設置の場合1システム6万円
市内業者以外による設置の場合1システム5万円
※その他詳細はHPを参照
川口市 2017/5/1~2018/3/9 太陽光発電システム…市内業者による設置の場合1システム20万円、市内業者以外による設置の場合1システム10万円
公称最大出力の合計が6kW以上の設置の場合2万円/kw 増額、上限10万円
コージェネレーションシステム(燃料電池「エネファーム」、ガスエンジン給湯器「エコウィル」)…市内業者による設置の場合1システム6万円、市内業者以外による設置の場合1システム5万円
太陽熱利用システム…市内業者による設置の場合1システム20万円、市内業者以外による設置の場合1システム10万円
定置用リチウムイオン蓄電池…市内業者による設置の場合1システム6万円 市内業者以外による設置の場合1システム5万円
※その他詳細はHPを参照
行田市 2017/4/3~2018/2/13 太陽光発電システム 2万円/kw、上限は8万円
蓄電池 蓄電容量1kWh当たり2.5万円 上限20万円
エコウィル(ガスエンジン) 10万円
エネファーム(燃料電池) 15万円
電気自動車、プラグインハイブリッド自動車 10万円
燃料電池自動車 50万円
エコカー充給電設備 5万円
ホームエネルギー管理システム(HEMS) 2万円 上限25万円
低炭素建築物 延べ床面積1平方メートル当たり2,500円 上限30万円
※その他詳細はHPを参照
所沢市 2017/11/1~2017/11/30 太陽光発電システム 2万円/kw、上限は8万円
蓄電池 蓄電容量1kWh当たり2.5万円 上限20万円
エコウィル(ガスエンジン) 10万円
エネファーム(燃料電池) 15万円
電気自動車、プラグインハイブリッド自動車 10万円
燃料電池自動車 50万円
エコカー充給電設備 5万円
ホームエネルギー管理システム(HEMS) 2万円 上限25万円
低炭素建築物 延べ床面積1平方メートル当たり2,500円 上限30万円
※その他詳細はHPを参照
所沢市 2018/2/1~2018/2/28 エコ機器等 補助対象経費の5分の1
電気自動車、プラグインハイブリッド 10万円
燃料電池自動車 50万円
全て上限200万円
所沢市 2017/4/17~2018/2/28 補助対象経費の3分の1 上限300万円
所沢市 2017/4/17~2018/2/28 太陽光発電システム…余剰売電型2万円/kw、上限は7万円。自家消費型一律15万円、蓄電池と同時申請で3万円加算。
太陽熱利用システム…自然循環型一律3万円。強制循環型一律5万円。
定置用リチウムイオン蓄電池…3万円/kWh、上限は25万円。
エネファーム…一律15万円。
飯能市 2017/4/17~2018/2/28 家庭用蓄電池…太陽光発電設備(最大出力2.5kW以上)と同時設置の場合20万円、それ以外は15万円
V2H…自立運転時に太陽光発電設備との連携技術を備えた系統連系型V2Hは20万円、それ以外は5万円
電気自動車…V2Hに係る補助申請を同時に行う場合15万円、それ以外は10万円
プラグインハイブリッド自動車…V2Hに係る補助申請を同時に行う場合10万円、それ以外は5万円
東松山市 2017/4/3~2018/2/28 太陽光発電システム…4万円
太陽熱利用システム…自然循環型1万円、強制循環型2万円
定置用リチウムイオン蓄電池、エネファーム…5万円
地中熱利用システム…10万円
エコウィル…2万円
電気自動車等充給電システム…3万円
狭山市 2017/4/21~ 家庭用燃料電池(エネファーム)5万円
太陽熱利用システム(自然循環型)1万円
太陽熱利用システム(強制循環型)1.5万円
雨水貯留槽100ℓ以上 設置に要した費用の4分の1で上限1万円
HEMS機器2万円
定置用リチウムイオン蓄電池 5万円
V2H充電設備5万円
V2H充電設備+対応車両購入10万円
鴻巣市 2017/5/8~ 家庭用燃料電池 (エネファーム) 5万円
太陽熱利用システム(自然循環型) 1万円
太陽熱利用システム(強制循環型) 1.5万円
雨水貯留槽 100ℓ以上 設置に要した費用の4分の1で上限1万円
HEMS機器 2万円
定置用リチウムイオン蓄電池 5万円
V2H充電設備 5万円
V2H充電設備+対応車両購入 10万円
深谷市 2017/4/3~2018/3/30 太陽光発電システム…1.5万円/kw、上限10.5万円。
太陽熱利用給湯器、地中熱利用給湯器、家庭用コージェネレーションシステム、燃料電池給湯器、HEMS、家庭用蓄電池、次世代自動車…2万円。
雨水貯留施設…要した費用の1/2、上限1万円
草加市 2017/4/1~2018/2/16 貸付利率年1.2パーセント(固定)
戸田市 太陽光発電システム…3万円/kw、上限は個人15万円、事業者60万円。市内事業者施工の場合はHP参照。
HEMS…1万円。(事業者は対象外)
二酸化炭素冷媒ヒートポンプ給湯器…個人4万円、上限1台4万円(上限2台まで)。事業者設置費用の10%、上限1台10万円(上限10台まで)
ガスエンジンコジェネレーションシステム…個人5万円、上限1台5万円(上限2台まで)。事業者設置費用の10%、上限1台20万円(上限10台まで)
燃料電池システム…個人1台10万円(上限2台まで)、事業者1台10万円(上限10台まで)
地中熱利用設備…個人上限20万円、事業者設置費用の10%、上限50万円。
蓄電池…2万円/kWh、上限個人10万円、事業者20万円。
LED照明設備…設置費用の10%、上限は10万円(個人は対象外)
戸田市 2017/10/2~2017/10/31
第1期:2017年4月4日(火曜)~4月28日(金曜)
第2期:2017年7月3日(月曜)~7月31日(月曜)
第3期:2017年10月2日(月曜)~10月31日(火曜)
第4期:2017年12月1日(金曜)~12月8日(金曜)
太陽光発電システム…3万円/kw、上限は個人15万円、事業者60万円。市内事業者施工の場合はHP参照。
HEMS…1万円。(事業者は対象外)
二酸化炭素冷媒ヒートポンプ給湯器…個人4万円、上限1台4万円(上限2台まで)。事業者設置費用の10%、上限1台10万円(上限10台まで)
ガスエンジンコジェネレーションシステム…個人5万円、上限1台5万円(上限2台まで)。事業者設置費用の10%、上限1台20万円(上限10台まで)
燃料電池システム…個人1台10万円(上限2台まで)、事業者1台10万円(上限10台まで)
地中熱利用設備…個人上限20万円、事業者設置費用の10%、上限50万円。
蓄電池…2万円/kWh、上限個人10万円、事業者20万円。
LED照明設備…設置費用の10%、上限は10万円(個人は対象外)
戸田市 2017/12/1~2017/12/8
第1期:2017年4月4日(火曜)~4月28日(金曜)
第2期:2017年7月3日(月曜)~7月31日(月曜)
第3期:2017年10月2日(月曜)~10月31日(火曜)
第4期:2017年12月1日(金曜)~12月8日(金曜)
太陽光発電システム(2.5kW以上)5万円
太陽熱利用システム(自然循環型) 5万円
太陽熱利用システム(強制循環型) 5万円
定置用リチウムイオン蓄電池 5万円
ガスエンジン給湯器(エコウィル) 5万円
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム) 5万円
HEMS 1万円
入間市 2017/9/1~2017/10/31 太陽光発電システム、エネファーム、家庭用蓄電池…5万円
エコウィル、エコワン等…4万円
エコキュート、太陽熱利用システム…3万円
エコジョーズ、エコフィール…2万円
HEMS…1万円
地中熱利用システム…10万円
地中熱利用システム以外の設備は、複数設置の場合の補助金上限10万円
桶川市 2017/4/3~ 太陽光発電システム…6万円
太陽熱利用システム、エコウィル…4万円
エネファーム…5万円
エコキュート、エコジョーズ、定置型リチウムイオン蓄電池…3万円
HEMS…2万円
久喜市 2017/4/17~2017/12/22 太陽光発電システム…3万円/kw、上限は10万円
太陽熱利用システム…1システム 4万円
家庭用コージェネレーションシステム…1システム 5万円
定置型リチウムイオン蓄電池…1システム 10万円
地中熱利用システム…1システム 5万円
日高市 2017/4/3~ 太陽光発電システム…3万円/kw、上限は10万円
太陽熱利用システム…1システム 4万円
家庭用コージェネレーションシステム…1システム 5万円
定置型リチウムイオン蓄電池…1システム 10万円
地中熱利用システム…1システム 5万円
入間郡越生町 2017/4/3~2018/2/28 住宅用太陽光発電システム+HEMS機器 8万円
家庭用燃料電池システム(通常運転型) 8万円
家庭用燃料電池システム(自立運転型) 10万円
ガスエンジン給湯器(通常運転型) 8万円
ガスエンジン給湯器(自立運転型) 10万円
家庭用蓄電池システム 5万円
大里郡寄居町 ~2018/2/28 住宅用太陽光発電システム…5万円
住宅用LED照明器具…購入及び設置に係る費用の2分の1以内、上限5千円
住宅用太陽熱利用システム…4万円
定置用リチウムイオン電池…4万円
雨水貯留施設…購入及び設置に係る費用の2分の1以内、上限2万円
白岡市 2017/5/10~ 太陽光発電システム…3万円/kw、上限は9万円。市内業者施工の場合4万円/kw、上限は12万円。
太陽熱給湯システム…強制循環式10万円
エネファーム、定置用リチウムイオン蓄電システム…10万円
地中熱ヒートポンプシステム…経費の1/10、上限は20万円
太陽熱利用給湯システム(事業者向け)…経費の1/3,上限は100万円

千葉県

自治体名 申請期間 補助金額 詳細
千葉市 2017/4/17~2018/1/15
太陽熱利用給湯システム(施設向け)のみ平成28年4月15日(金曜日)~平成28年5月31日(火曜日)
太陽光発電設備…上限9万円、1kWあたり2万円、市内事業者の場合、上限112,500円、1kWあたり25,000円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電池システム…上限10万円
太陽熱利用システム…上限5万円
市川市 2017/4/1~2018/2/28 太陽光発電システム:2万円/kw、上限は9万円
地中熱利用システム:一律 10万円
定置用リチウムイオン蓄電池システム:一律 10万円
エネファーム:一律 10万円
太陽熱利用システム(強制循環型のみ):一律 5万円
船橋市 2017/4/24~2018/2/28 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)、定置用リチウムイオン蓄電システム…10万円
太陽熱利用システム…5万円 地中熱利用システム…10万円
館山市 ~2018/2/28 太陽光発電システム:2万円/kw、上限9万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム(家庭用蓄電池):上限10万円
太陽熱利用システム:上限5万円
木更津市 2017/5/11~2018/2/28 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円。
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…設備の購入及び設置工事に係る費用、上限は10万円。
定置用リチウムイオン蓄電システム…設備の購入及び設置工事に係る費用、上限は10万円。
太陽熱利用システム…設備の購入及び設置工事に係る費用、上限は5万円。
地中熱利用システム…設備の購入及び設置工事に係る費用、上限は10万円。
松戸市 2017/4/1~2018/3/12 家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限額は10万円
定置用リチウムイオン蓄電池システム:上限額は10万円
太陽熱利用システム:上限額は5万円
野田市 2017/4/3~2018/2/28 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
エネファーム…上限は20万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限は10万円
地中熱利用システム…上限は10万円
太陽熱利用システム…上限は5万円
茂原市 2017/4/3~2018/3/12 補助金額は設備の購入・設置工事費から消費税・地方消費税、国からの補助金額を除いたものとする。
上限は10万円。
成田市 2013/10/1~2019/3/31
平成25年10月1日(火)~平成31年3月末
太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…10万円
リチウムイオン蓄電システム…10万円
太陽熱利用システム…5万円
地中熱利用システム…10万円
佐倉市 2017/5/10~ 太陽光発電システム・・・2万円/kw、上限は9万円
定置用リチウムイオン蓄電システム・・・上限10万円
東金市 2017/6/1~ 太陽光発電システム:2万円/kw、上限は10万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電池システム:上限10万円
太陽熱利用システム(自然循環型を除く) :上限5万円
地中熱利用システム:上限10万円
旭市 2017/4/3~ 住宅用太陽光発電システム:2万円/kw、上限は9万円
家庭用燃料電池(エネファーム):都市ガス 上限30万円 LPガス 上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:上限10万円
太陽光利用システム:上限5万円
地中熱利用システム:上限10万円
習志野市 2017/4/3~2018/3/30
家庭用燃料電池【都市ガス用】以外は2018年2月28日まで
エコ窓改修(窓の断熱改修):設置費の4分の1、上限10万円
太陽光発電設備:HEMS又は蓄電池が設置されている場合は2万円/kw、上限9万円。単独で設置をする場合は1万5千円/kw、上限6万円。 太陽熱利用システム:上限5万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限10万円
エネルギー管理システム(HEMS):上限1万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:上限10万円
柏市 2017/5/1~2018/2/28 太陽光発電システム 上限90,000円
家庭用燃料電池システム(エネファーム) 上限100,000円
定置用リチウムイオン蓄電システム 上限100,000円
勝浦市 2017/4/3~2018/2/28 1件あたり25,000円。
市原市内に本店、または支店、営業所有する法人と契約を結んだ場合は、補助金額の特例として1件あたり35,000円とする。
市原市 2017/4/3~2018/3/8 家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電池システム:上限10万円
太陽熱利用システム:上限5万円
地中熱利用システム:上限10万円
市原市 2017/4/3~2018/1/31 太陽光発電システム…既存住宅2.5万円/kw、上限は10万円、HEMSを設置した場合2万円上乗せ。新築住宅1.5万円/kw、上限は6万円、HEMSを設置した場合1万円上乗せ。
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
エネファーム…10万円
電気自動車充給電設備…5万円
太陽熱利用システム…5万円
流山市 2017/6/1~
太陽光発電設備・電気自動車充給電設備:平成30年3月30日(金)まで
その他の設備:平成30年3月9日(金)
太陽光発電システム…既存住宅2.5万円/kw、上限は10万円、HEMSを設置した場合2万円上乗せ。新築住宅1.5万円/kw、上限は6万円、HEMSを設置した場合1万円上乗せ。
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
エネファーム…10万円
電気自動車充給電設備…5万円
太陽熱利用システム…5万円
八千代市 2017/5/10~ ・太陽光発電システム:2万円/kw、上限は9万円
※市内業者と契約した場合は3万円の上乗せ。ただし、合計で10万円限度。
・家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限10万円
・定置用リチウムイオン蓄電池システム:上限10万円
・太陽熱利用システム:上限5万円
・地中熱利用システム:上限10万円
我孫子市 2017/4/3~2018/2/28 家庭用太陽光発電設備…2万円/kw、上限は9万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…10万円
太陽熱利用システム…5万円 地中熱利用システム…10万円
鴨川市 ~2018/2/28 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
エネファーム…10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…10万円
君津市 2017/4/10~ 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
富津市 2017/5/10~ 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
浦安市 2017/4/3~2018/3/30 太陽光発電システム:2.5万円/kw、上限は10万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム):限度額10万円
リチウムイオン蓄電システム:限度額10万円
エネルギー管理システム(HEMS):限度額1万円
太陽熱利用システム:限度額5万円
雨水貯留タンク:限度額1万円
四街道市 2017/4/17~2018/2/28 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は6万円
家庭用燃料電池システム…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
袖ケ浦市 2017/4/3~ 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
エネファーム…1件あたり上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…1件あたり上限10万円
印西市 2017/4/3~2018/3/12 太陽光発電システム
戸建住宅…2万円/kw、上限は7万円(※但し、既築の戸建住宅にエネルギー管理システム(HEMS)または定置用リチウムイオン蓄電システムを併せて設置した場合は、2万円/kw、上限9万円を上乗せ)
共同住宅…3万円/kw、上限は30万円
太陽光発電システム…自然循環式上限3万円、強制循環式上限5万円
エネファーム、定置用リチウムイオン蓄電システム、地中熱利用システム…上限10万円
白井市 2017/5/17~2018/2/28 住宅用太陽光発電システム:2万円/kw、上限は9万円
家庭用燃料電池システム:上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:上限10万円
太陽熱利用システム:上限5万円
富里市 2017/4/3~ 太陽光発電システム…2.5万円/kw、上限は10万円。
市内施工業者を利用した場合の特例…3万円/kw、上限は12万円。
家庭用燃料電池システム…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
南房総市 ~2018/2/28 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
太陽熱利用システム…上限5万円
地中熱利用システム…上限10万円
香取市 2017/4/3~2018/3/26
薪ストーブ以外の全ての設備は2018年3月12日まで
太陽光発電システム:既存住宅は2万円/kw、上限は9万円。新築住宅は2万円/kw、上限は4万円。
家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:上限10万円
エネルギー管理システム(HEMS):上限1万円
太陽熱利用システム:上限5万円
地中熱利用システム:上限10万円 薪ストーブ:上限5万円
山武市 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
蓄電池…上限は10万円
いすみ市 2017/4/3~ 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限100,000円
印旛郡酒々井町 平成29年度 太陽光発電システム…3万円/kw、上限は既築住宅15万円、新築住宅6万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…上限20万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限20万円
印旛郡栄町 2017/4/10~ 太陽光発電システム…2万円/kw、上限9万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…一律10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…一律10万円
太陽熱利用システム…一律5万円
地中熱利用システム…一律10万円
香取郡東庄町 太陽光発電システム:単価40,000円/kW(上限160,000円)。
家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限200,000円。
定置用リチウムイオン蓄電システム:上限200,000円。
エネルギー管理システム(HEMS):上限20,000円。
電気自動車充給電設備:上限100,000円。
太陽熱利用システム:上限100,000円。
大網白里市 2017/5/1~2018/3/2 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は9万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…設置費用相当額、上限10万円
長生郡一宮町 2017/4/3~2018/3/10 エネファーム…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
夷隅郡大多喜町 ~2018/3/10 太陽光発電システム…4万円/kW、上限18万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限20万円
夷隅郡御宿町 ~2018/1/31 住宅用太陽光発電システム…4万円/kw、上限は18万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円
太陽熱利用システム…上限5万円
安房郡鋸南町 2017/4/3~ 太陽光発電システム…2万円/kw、上限は7万円。
家庭用燃料電池システム(エネファーム)…上限10万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限10万円

東京都

自治体名 申請期間 補助金額 詳細
東京都 2016/6/27~
平成28年6月27日(月)から平成32年3月31日(火)まで
事前申請:平成31年10月1日(火)から平成32年3月31日(火)まで
特例申請:平成28年6月27日(月)から平成32年3月31日(火)まで
蓄電池システム:機器費の6分の1、1戸当たりの上限額は次のいずれかの小さい額。
(ア)4万円/kWhに、蓄電容量(キロワット時を単位とし小数点以下第3位を四捨五入する。)を乗じて得た額
(イ)24万円
ビークル・トゥ・ホームシステム:機器費の8分の1、1台当たりの上限額は5万円
家庭用燃料電池(エネファーム):機器費の5分の1、1台当たり上限額は次のとおり
・戸建住宅に設置する場合10万円
・集合住宅に設置する場合15万円
太陽熱利用システム:機器費、工事費の3分の1、1戸当たりの上限額は次のいずれかの小さい額
(ア)1㎡6万円に集熱器の面積(平方メートルを単位とし小数点以下第3位を四捨五入する。)を乗じて得た額
(イ)・戸建住宅に設置する場合は1戸当たり24万円
・集合住宅に設置する場合は1戸当たり15万円
東京都 2017/4/3~2018/3/30 助成対象機器の設置に要する経費の2分の1以内、上限は1億円
東京都 2017/5/31~2018/1/31
平成28年度から平成31年度まで(4年間)
※公募は、毎年度行う。
補助率3分の1、国等の補助金と併給する場合は、合計3分の2以内、上限は5千万円
※詳細はHPを参照
東京都 2017/7/28~2018/3/30
事業期間:平成29年度から平成31年度までの3年間
助成率10分の10、上限は600万円/基
※平成30年度以降は、助成率4分の3、上限は450万円/基の予定。
千代田区 ~2018/2/9 一般家庭:対象経費(税抜き)の20%、上限は合計50万円
マンション:対象経費(税抜き)の20%、上限100万円(~100戸)、上限200万円(101~200戸)、上限300万円(201戸~)
テナント・事業所ビル:対象経費(税抜き)の20%、上限は100万円
港区 2017/4/3~2018/2/28 機器費の4分の1、上限は20万円
文京区 2017/10/2~2018/1/31 1万円/kWh、上限は10万円
墨田区 2017/4/3~2018/2/28 太陽光発電システム…5万円/kw、または工事費用の1/2のいずれか少ない額。上限は戸建・事業所25万円、分譲集合住宅50万円。
エネファーム…工事費用の10%、上限は5万円。
家庭用蓄電システム…工事費用の10%、上限は10万円。
HEMS…工事費用の20%、上限は2万円。
直管型LED照明器具(既築のみ)…工事費用の1/2、上限は戸建5万円、分譲集合住宅20万円。
空調機器、照明機器(事業用)…工事費用の10%、上限は20万円。
江東区 2017/4/3~2018/3/9
平成30年3月30日(金)までに設備導入完了報告書を提出できること。
太陽光発電システム:5万円/kw、上限は20万円
CO2冷媒ヒートポンプ給湯機(エコキュート):設置に要する経費の5%、上限は8万円/1設備
燃料電池装置(エネファーム):設置に要する経費の5%、上限は20万円/1設備
エネルギー管理システム機器(HEMS・MEMS):設置に要する経費の5%、上限は4万円/1設備
高反射率塗装:1,000円/㎡、上限は20万円
蓄電池:設置に要する経費の5%、上限は10万円
江東区 2017/4/3~2018/3/9
平成30年3月30日(金) までに設備導入完了報告書を提出できること。
太陽光発電システム:5万円/kw、上限は20万円、集合住宅で共用部分に連系する場合は上限150万円
CO2冷媒ヒートポンプ給湯機(エコキュート):設置に要する経費の5%、上限は4万円/1設備
家庭用燃料電池装置(エネファーム):設置に要する経費の5%、上限は10万円/1設備
エネルギー管理システム機器(HEMS・MEMS):設置に要する経費の5%、上限は2万円/1設備、集合住宅は15万円
高反射率塗装:1,000円/㎡、上限は20万円、集合住宅は150万円
蓄電池:設置に要する経費の5%、上限は10万円、集合住宅は50万円
目黒区 2017/6/1~2017/12/28 太陽光発電システム:機器本体価格の3分の1以下、上限は10万円 家庭用燃料電池システム:機器本体価格の3分の1以下、上限は5万円
家庭用蓄電システム:機器本体価格の3分の1以下、上限は5万円
CO2冷媒ヒートポンプ給湯器:機器本体価格の3分の1以下、上限は3万2千円
HEMS(家庭用エネルギー管理システム):機器本体価格の3分の1以下、上限は2万円
マンション共用部LED照明:機器本体価格の3分の1以下、上限は12万円
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH):5万円(太陽光発電システムの助成金額に加算)
世田谷区 安全・安心活動備品購入経費に係る実支出額の3分の2に相当する額。ただし、200,000円を上限とし、うち、広報・PR費用に係る部分にあっては20,000円を上限とする。
杉並区 2017/4/6~2018/2/28 太陽光発電システム:4万円/kw、上限は12万円
強制循環式ソーラーシステム:2万円/m2、上限は6万円
自然循環式太陽熱温水器:1万円/m2、上限は2万円
定置用リチウムイオン蓄電池:1万円/kwh、上限は8万円
CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート):定額5万円
燃料電池(エネファーム):定額5万円
高日射反射率塗装:1,000円/m2、上限は15万円
窓断熱改修:上限は15万円※詳細はHPを参照
荒川区 平成29年度 太陽光発電システム機器:2万円/kw、上限は20万円
家庭用燃料電池装置設置(エネファーム):機器費用(本体)と設置費用の20分の1、上限は5万円
家庭用蓄電システム設置:1万円/kWh、上限は10万円
屋上緑化施工:2万円/平方メートルに施工面積を掛けた額と施工費用の2分の1の額の小さい方、上限は30万円
壁面緑化施工:1万円/平方メートルに施工面積を掛けた額と施工費用の2分の1の額の小さい方、上限は30万円
高断熱窓への改修:施工費用の5分の1の額、上限は区内業者と契約した場合15万円、区外業者の場合10万円
※その他詳細はHPを参照。
板橋区 2017/4/3~2018/3/9 住宅用太陽光発電システム2.5万円/kw、上限は10万円
住宅用燃料電池システム(エネファーム):設置に要する経費の5%、上限は5万円
住宅用畜電池システム:1万円/kw、上限は5万円
HEMS:定額1万円(但し、補助対象経費が定額を下回る場合は、その金額の千円単位未満の端数を切捨て、補助金額とする。)
窓の断熱化:設置に要する経費の25%、上限は10万円
集合住宅共用部LED化:設置に要する経費の20%、上限は30万円
練馬区 2017/4/17~2018/2/28 太陽光発電設備:20万円
蓄電システム:20万円
ビークル・トゥ・ホームシステム:20万円
※補助申請をした設備の設置費用から国などの補助金の額を差し引いた額の1/2と、上記の金額のいずれか低い方の金額
練馬区 2017/4/17~2018/2/28 太陽光発電設備:20万円
蓄電システム:20万円
ビークル・トゥ・ホームシステム:20万円
※補助申請をした設備の設置費用から国などの補助金の額を差し引いた額の1/2と、上記の金額のいずれか低い方の金額
練馬区 2017/8/1~2017/11/30
第3期:平成29年12月1日(金)~平成30年2月28日(水)
補助額は補助申請をした設備の設置(改修・交換)費用から国および東京都からの補助金の額を差し引いた額の1/2
太陽光発電設備 区民および事業者:上限60,000円、管理組合:上限200,000円
強制循環式太陽熱利用システム 区民および事業者:上限25,000円、管理組合:上限200,000円
自然冷媒ヒートポンプ給湯器【エコキュート】 区民および事業者:上限25,000円
ガスエンジン・コージェネレーションシステム【エコウィル】 区民および事業者:上限25,000円
家庭用燃料電池システム【エネファーム】 区民および事業者:上限60,000円
蓄電システム 区民および事業者:上限60,000円、管理組合:上限200,000円
ビークル・トゥ・ホームシステム 区民および事業者:上限25,000円、管理組合:上限200,000円
直管形LED照明 事業者:上限20,000円、管理組合:上限200,000円
改修窓(窓の断熱改修) 区民および事業者:上限20,000円、管理組合:上限200,000円
足立区 2017/4/11~2018/2/28 補助対象経費の3分の1に相当する額、上限は5万円
葛飾区 2017/4/3~2018/3/14 太陽光発電システム:8万円/kw、上限は40万円
太陽熱温水器:2万円/㎡、上限は10万円
太陽熱ソーラーシステム:3万円/㎡、上限は15万円
ガス発電給湯機(エコウィル):1台まで2万円
家庭用燃料電池(エネファーム):1台まで5万円
蓄電池:助成対象経費の1/4、上限は20万円
電気自動車・プラグインハイブリッド自動車・燃料電池自動車:クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業における補助額の1/4で1台まで、上限は25万円
ゼロエネルギーハウス(ZEH):一般社団法人環境共創イニシアチブの補助額の1/4で1戸まで、上限は30万円
※詳細はHP参照。
葛飾区 2017/4/3~2018/3/14 太陽光発電システム:8万円/kw、上限は80万円
太陽熱温水器:2万円/㎡、上限は20万円
太陽熱ソーラーシステム:3万円/㎡、上限は30万円
省エネ型小規模燃焼機器等への改修(小型ボイラー、ガス発電給湯器、燃料電池):助成対象経費の1/4、上限は100万円
電気自動車・プラグインハイブリッド自動車:クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助事業における補助額の1/4で1台まで、上限は25万円
※詳細はHPを参照。
葛飾区 2017/4/3~2018/3/14 太陽光発電システム:8万円/kw、上限は40万円
太陽熱温水器:2万円/㎡、上限は10万円
太陽熱ソーラーシステム:3万円/㎡、上限は15万円
蓄電池:助成対象経費の1/4、上限は100万円、容量10kWh未満のものは20万円
※詳細はHP参照。
三鷹市 平成29年度 新エネルギー設備(太陽光発電設備、風力発電設備、蓄電池):2万円/kW×設備の最大出力量、上限は8万円(蓄電池ありの場合は10万円加算)
強制循環式ソーラーシステム:5万円
自然循環式太陽熱温水器:2万円
燃料電池コージェネレーション(エネファーム):3万円
自然冷媒ヒートポンプ給湯器(エコキュート):2万円
ガスエンジン給湯器(エコウィル):2万円
申請者が新たに購入した建物にあらかじめ設備がついていた場合、建売分譲等で設備があらかじめ設置してあった場合は1万5千円(蓄電池ありの場合は1万5千円加算)、上限は4万5千円
昭島市 2017/9/1~2017/10/31
第2期:平成30年2月1日から3月15日
太陽光発電:2万円/kw、上限は8万円
太陽熱ソーラーシステム:5万円
太陽熱温水器:2万5千円
蓄電池(HEMS等導入が条件):機器費の3分の1以内の額、上限は5万円
エネファーム(HEMS等導入が条件):5万円
エコウィル:3万円
直管型LED照明器具改修工事(対象は既存家屋、ランプのみの交換も対象):工事費等の3分の1以内の額、上限は10万円
小金井市 2017/4/1~2018/3/23 燃料電池:5万円
太陽光発電設備:3万円/kW、上限10万円
蓄電システム:5万円
太陽熱温水器:1万5千円
太陽熱ソーラーシステム:3万円
国立市 2017/5/8~ 太陽光発電システム(HEMS設置必須)…5万円
燃料電池コージェネレーションシステム(エネファーム)…4万円、HEMS設置の場合プラス1万円
蓄電池システム…4万円、HEMS設置の場合プラス1万円
太陽熱利用システム…4万円
羽村市 2017/5/1~2018/1/31 助成対象工事等に係る経費の2分の1または限度額のいずれか低い方をエコポイントにて助成、上限は50万エコポイント
【限度額】
太陽熱利用システム 優先施工者:15万円
家庭用燃料電池コージェネレーションシステム 優先施工者:10万円
地中熱利用システム 優先施工者:40万円
太陽光発電システム 優先施工者は1.6万円/kw、上限は住宅8万円、事業所40万円。一般施工者は0.8万円/kw、上限は住宅4万円、事業所20万円。
次世代自動車(EV及びPHV) 優先施工者30万円、一般施工者15万円
詳細はHP参照
西多摩郡瑞穂町 2017/4/1~2018/3/31 二酸化炭素冷媒ヒートポンプ給湯器:購入金額の100分の10に相当する額、上限は2万円
潜熱回収型給湯器:購入金額の100分の10に相当する額、上限は1万円
太陽光発電システム:2万円/kw、上限は6万円【HEMS(ヘムス)の同時設置有りの場合:2万5千円/kw、上限は7万5千円】
太陽熱利用システム
(1)自然循環式ソーラーシステム:0.5万円/m2、上限は1.5万円
(2)強制循環式ソーラーシステム:1万円/m2、上限は3万円
燃料電池:購入金額の100分の4に相当する額、上限は6万5千円【HEMS(ヘムス)の同時設置有りの場合:上限は8万円】
蓄電池:2万円/kWh、上限は6万円【HEMS(ヘムス)の同時設置有りの場合:2万5千円/kWh、上限は7万5千円】

神奈川県

自治体名 申請期間 補助金額 詳細
神奈川県 2017/4/26~2018/2/28
前期・・・申請期間:平成29年4月26日から9月29日
後期・・・申請期間:平成29年10月2日から平成30年2月28日
【住宅用】
県ZEH導入費補助併用なし:補助対象経費の1/3以内かつ、9万円/kWh×蓄電システムの蓄電容量(kWh)、上限40万円
県ZEH導入費補助併用:補助対象経費の1/3以内かつ、8万円/kWh×蓄電システムの蓄電容量(kWh)、上限20万円
【事業所用】
補助対象経費の1/3以内かつ、9万円/kWh×蓄電システムの蓄電容量(kWh)、上限150万円
横浜市 平成29年度 補助対象となる設備機器費(消費税を除く。)の2分の1。上限金額50万円。
川崎市 ~2018/1/31 補助対象経費の総額に4分の1※を乗じた額(1万円未満切捨て、上限200 万円)
※「低CO2川崎ブランド認定製品外部サイトへリンクします」を導入する場合は、3分の1。
予算残額等の事情により、減額となることがある。
川崎市 2017/4/3~2018/2/15 太陽光発電…2.5万円/kw、上限は住宅8.7万円
家庭用燃料電池(エネファーム)…3万円
定置用リチウムイオン蓄電池…3万円
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)…10万円
川崎市 2017/4/3~2018/2/15 太陽光発電 2.5万円/kw、上限は8.7万円
家庭用燃料電池(エネファーム) 3万円
定置用リチウムイオン蓄電池 3万円
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH) 10万円
CASBEE戸建の環境効率の評価結果が「A」以上となる住宅 5万円
川崎市 2017/4/3~2018/2/15 太陽光発電 2.5万円/kw、上限は8.7万円
家庭用燃料電池(エネファーム) 3万円
定置用リチウムイオン蓄電池 3万円
川崎市 2017/4/3~2018/2/15 太陽光発電 2.5万円/kw、上限は8.7万円
家庭用燃料電池(エネファーム) 3万円
定置用リチウムイオン蓄電池 3万円
横須賀市 2017/7/10~2018/2/7 太陽光発電システム、エネファーム、定置用リチウムイオン蓄電システム…8,000円分
その他は5,000円分
鎌倉市 2017/4/3~ HEMS機器:上限10,000円
住宅用太陽光発電システム:1万円/kw、上限は3万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限4万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:上限4万円
電気自動車充給電設備:上限2万円
藤沢市 2017/4/3~2018/2/28 1件あたり50,000円
上限額は0円
逗子市 2017/5/1~2018/2/15 HEMS機器:上限5千円
家庭用燃料電池システム(エネファーム):上限3万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:上限3万円
電気自動車充給電設備:上限3万円
相模原市 2018/2/15~2018/3/15 太陽光発電システム…30,000円
太陽熱利用システム…30,000円
エネファーム…50,000円
蓄電池…50,000円
スマートハウス加算…20,000円
厚木市 ~2018/3/21 住宅用太陽光発電システム:1万円/kw、上限は3万円
住宅用蓄電池システム、リチウムイオン蓄電池または、EV+V2H:50,000円
エネルギー管理システム(HEMS):
10,000円
家庭用燃料電池システム
:50,000円
太陽熱利用システム(強制循環型のみ):50,000円
スマートハウス加算(太陽光・蓄電池・HEMSを同時に設置):50,000円
ゼロ・エネルギー・ハウス:100,000円
大和市 リチウムイオン蓄電池・・・5万円
HEMS・・・1万円
大和市 2017/4/3~2018/2/15 住宅用太陽光発電システム:1.2万円/kw、上限は4.8万円
HEMS:定額10,000円
リチウムイオン蓄電池:定額50,000円
太陽熱利用システム設置費補助金 自然循環型…4万円
強制循環型…8万円
海老名市 2017/4/3~2018/2/28 太陽光発電施設…2万円/kw、上限は20万円。
定置用リチウムイオン蓄電池…1台につき5万円
エネファーム(家庭用燃料電池コージェネレーションシステム)…1設備につき6万円
電気自動車…1台につき15万円
急速充電可能ハイブリッド自動車(CHAdeMO規格急速充電器対応のものが対象)…1台につき5万円
燃料電池自動車…1台につき40万円
座間市 2017/4/17~ 住宅用太陽光発電システム…1.2万円/kw、上限は4万円
エネファーム…4万円
リチウムイオン蓄電池…4万円
HEMS(ヘムス)…8,000円
綾瀬市 2017/4/3~2018/3/15 HEMS:1万円
家庭用燃料電池システム(エネファーム):5万円
定置用リチウムイオン蓄電池システム:5万円
電気自動車充給電器 :5万円
三浦郡葉山町 住宅用太陽光発電システム:1.5万円/kw、上限は5万円。
家庭用燃料電池システム(エネファーム):5万円
定置用リチウムイオン蓄電システム:5万円
中郡大磯町 2017/4/3~2018/3/30 HEMS機器(必ず設置すること)…上限1万円
住宅用太陽光発電システム
1.5万円/kw、上限は5.2万円
家庭用燃料電池システム…上限5万円
定置用リチウムイオン蓄電システム…上限5万円
電気自動車充給電器…上限5万円
足柄上郡中井町 平成29年度 太陽光発電システム…15,000円/kw、上限は52,000円。
HEMS…補助金額は定額10,000円
蓄電池…補助金額は定額50,000円
足柄上郡大井町 2017/4/3~ 住宅用太陽光発電システム…11,000円/kw、上限は37,000円
HEMS…定額10,000円
定置用リチウムイオン蓄電池…定額50,000円

2016年度補助金はこちら

「蓄電池と太陽光発電セット」の無料シミュレーション・お見積り
太陽光発電を設置済み等「蓄電池のみ」の無料シミュレーション・お見積り
蓄電池の設置や他社提案内容のご相談

省エネ.comは、蓄電池の実績も豊富!設置後もご安心ください。

家庭用蓄電池・太陽光発電の実績

  • 蓄電池と太陽光発電のセットで検討中の方へ
  • 蓄電池のみの設置を検討中の方へ
  • 蓄電池の設置や他社提案内容のご相談