MENU
> > > 設置費用やローン、支払い方法について

太陽光発電Q&A

  • mixi

設置費用やローン、支払い方法について

質問一覧

費用の目安はどの位ですか?

費用の目安としては、平成26年度の既築住宅のシステム単価は1kWあたり約41万円です。

費用の目安はどの位ですか?

住宅用太陽光発電の平均容量4.90kWの場合、設置価格の目安は、約200万円程度と推定されます。 太陽光発電はオーダーメイドのシステムです。ご家庭の屋根の状況やご要望に応じて、設置価格は異なっていきます。検討される場合には、専門家に詳しくご相談の上、詳細なシミュレーションで判断されると良いでしょう。

※1 メーカー・システム容量や設置環境、工法によっては1kWあたり41万円をきれない場合もあります。詳しくは、ご相談ください。
※平成26年度住宅用補助金交付決定データの平均容量、平均システム価格 太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)より。1kWあたり40.5万円×平均設置容量4.90kW(2015年4月)
住まいの地域によっては自治体の補助金を受けることができます。

省エネドットコムでは、ご自宅に合わせた太陽光発電の費用対効果を無料でシミュレーションする「無料調査・お見積もり」をご用意しています。是非ご利用ください。

見積り金額が妥当かどうかを知りたいのですが・・

当社では、他社でもらった見積りをチェックする見積り診断を実施しております。

見積り金額が妥当かどうかを知りたいのですが・・

他社からもらった見積りに対し、「費用対効果に見合っているか?」「このシステム構成や価格は適正?」とご相談したいという要望を受け、当社では見積り診断サービスを実施しております。
他社の見積りを拝見し、「費用対効果に見合っているか?」というチェックに加えて、経済効果をシミュレーションした結果をご提案いたします。

お見積りに不安な方は「見積り診断サービス」をお気軽にご利用ください。

同じ屋根の条件でも業者によって、見積りが違うのはなぜですか?

同じ屋根の条件でも、業者により「どのメーカーを使うか?」「どんな工事を行うか」や「アフターフォローをどこまで提供するか」で大きな差が出てきます。

太陽光発電はオーダーメイドのシステム機器で、付帯工事があるため、同じ屋根の条件でも業者の設計次第で見積りに差が出てきます。見積りは以下のポイントで差が出てきます。

・どのメーカーを選んでいるか?
・どんな工事をするか?どの部材を使っているか?
・アフターフォローや申請代行をどこまで含むか?

見積りを比較するときには、最初見た時の費用の「安い」「高い」に左右されず、その金額で「どんな内容を含んでいるか?」「どの位発電できるのか?」を確認した上で判断しましょう。

見積りのチェック方法を教えてください。

見積りを受け取ったら次の5つのポイントをチェックしてみましょう。

見積りのチェック方法を教えてください。
支払いはどのような方法があるのでしょうか?

一括払い、分割払い(ソーラーローン)からお選びいただけます。

ローン参考例

一括払いでお支払いすることで、利息無しで設置することが可能ですが、ほとんどのお客様はソーラーローンをご利用いただいています。

ソーラーローンは月々5,000円からのお支払いや、頭金0円も可能なので毎月の売電収入でローンをお支払いできるケースもあります。支払い計画は、大変重要な検討項目ですので専門家にご相談するとよいでしょう。

※ソーラーローンの適用は定められた条件を満たしている方が対象となります。

当社では太陽光発電のシミュレーションと加え、お支払いに関するご相談も承っております。お気軽に「無料調査・お見積もり」よりご相談ください。

頭金0円でも大丈夫なのですか?

ソーラーローンでは頭金0円でも可能です。

太陽光発電を設置したいけど、まとまった出費が心配というお客様には、頭金0円でソーラーローンを組む事も可能です
頭金を0円にすることによって、月々の負担額は高くなりますが、ご家庭の電気代や売電収入を含めると、結果的に毎月の支払いは設置前の電気代以下の金額で済む場合もあります。

お支払いシミュレーションは、ご家庭の状況や設計するシステムにより異なりますので、システムのシミュレーションと一緒に専門家に相談すると良いでしょう。

※ソーラーローンの適用は定められた条件を満たしている方が対象となります。

当社では太陽光発電のシミュレーションと加え、お支払いに関するご相談も承っております。お気軽に「無料調査・お見積もり」よりご相談ください。

ソーラーローンの利用で、設置前の月々の電気代以下の支払いで設置が可能というのは本当ですか?

昼間ほとんど家にいらっしゃらないご家庭では、ソーラーローンの分割支払額と売電収入、電気代とトータルすると月々の支払いが0円で、結果プラスになる場合もあります。

ご家庭の状況にもよりますが、共稼ぎなどで昼間ほどんどご自宅にいらっしゃらないご家庭の場合は発電した電気をほとんど売電に回せるため、月々多くの売電収入を得られる場合があります。
その場合、毎月のソーラーローンの分割支払額や夜の電気代と売電収入が相殺されて結果として、月々の支払いが0円もしくはプラスになる場合もあります。

一般のご家庭の場合は、毎月の支払いが今までの電気代に比べて結果的に安くなる事が多いようです。詳細なシミュレーションは、ご家庭の状況や設置条件により異なりますので、事前に専門家にシミュレーションしてもらい検討すると良いでしょう。

当社では太陽光発電のシミュレーションと加え、お支払いに関するご相談も承っております。お気軽に「無料調査・お見積もり」よりご相談ください。

先日定年を迎え、年金生活ですが、ローンを組めるのでしょうか?

その場合、ソーラーローンを組むことが難しい場合があります。
詳しくはご相談ください。

ソーラーローンは通常10~15年で組むのが一般的ですが、給与など一定額の収入がない場合、長期間に渡るローンを組めない場合があります。
その場合、頭金を増やしてローン期間を短くするなどの方法もありますので、まずは専門家に相談するのが良いでしょう。

当社では太陽光発電のシミュレーションと加え、お支払いに関するご相談も承っております。お気軽に「無料調査・お見積もり」よりご相談ください。

補助金はいくらもらえますか?

お住まいの地域によっては自治体の補助金を受けることができます。

太陽光発電の補助金制度を設けている都道府県や市区町村があります。お住まいの自治体によって制度の有無、補助金額や条件が異なりますので、詳しくはお問い合わせください。

自治体によっては各条件があり、それを満たした場合に受け取ることができます。

補助金の申請は自分でできますか?

補助金の申請自体は自分ですることは可能ですが、非常に複雑なため販売施工業者に依頼することをお勧めします。

補助金の申請は、都道府県、市区町村で申請手順や書類が異なっていたりと、非常に複雑です。ご自分で申請することは可能ですが、申請に不備があったりすると補助金を受けられないという場合もあるため、販売施工業者に代行を依頼することをお勧めします。

当社では、補助金の申請代行も行っております。詳しくはお問い合わせください。

補助金は、先着順なのですか?

自治体によって抽選のところもありますが、先着順の自治体は応募が多くて予算に達してしまうと、その時点で補助金の受付が終了する可能性があります。

太陽光発電の補助金は、都道府県、市区町村の予算から支給されます。申請の応募者が多く支給金額が予算に達した場合、支給期間内であっても補助金の支給が終了する場合があります。2013年度までは、ほとんどの自治体が先着順としています。

受付方法や支給については自治体により大きく異なってきますので、詳しくはお問い合わせください。

ローンのシミュレーションはできますか?

シミュレーション時に、ローンなどの支払い計画もご相談いただけます。

太陽光発電は設置費用で150~300万円と高価なシステムなので、ご購入の際ほとんどのお客様がローンをご利用になります。
ただ、マイホームや家電と違い、買って終わりではなく「電気を生み出すことのできる生産財」です。そのため、支払い計画も初期費用だけではなく「月々の電気代・売電収入・ローン費用」を踏まえて、バランスの良い支払い計画を立てる事が重要です。

当社では太陽光発電のシミュレーションと加え、お支払いに関するご相談も承っております。お気軽に「無料調査・お見積もり」よりご相談ください。

  • 詳細な効果を見てご検討したい方へ
    無料診断・お見積り
  • メーカーの見積りを一括請求
    メーカー一括見積り
  • WEBで効果や見積りがすぐ分かる
    発電シミュレーション
  • 他社からもらった見積り
    見積り診断
  • 蓄電池の設置を検討中の方へ
    蓄電池の無料お見積り
  • 詳細な効果を見てご検討したい方へ
    総合お問い合わせ

各種お問合せはこちらから

発電シミュレーション

無料調査・お見積り

メーカー一括お見積り

見積り診断