MENU
> エコcafe > Topics/竹村真一先生インタビュー

Topics/竹村真一先生インタビュー

「Topics」トップページへ戻る

100万人のキャンドルナイト

省エネドットコムは“100万人のキャンドルナイト”にキャンドルホルダーとして協賛しています。
“100万人のキャンドルナイト”は「でんきを消して、スローな夜を。」をテーマに2003年夏至に始まった活動です。ゆらゆら揺れるキャンドルのあかりでのんびり癒された時間をすごす、そんな夜を過ごしてみませんか?

100万人のキャンドルナイト協賛特別企画

竹村真一さん 竹村真一さんプロフィール
100万人のキャンドルナイト呼びかけ人
京都造形芸術大学教授
(文化人類学者)
Earth Literacy Program代表
その1:特別インタビュー<竹村真一先生>
“100万人のキャンドルナイト”は、私も発起人の一人として2003年から始めた環境イベントで、初年度から若い世代を中心に想像をこえる反響がありました(環境省の推計では、全国で500万人、昨年は700万人が参加したと言われます)。

一年で最も「日」が長く、あるいは短くなる日に、キャンドルの「灯」でもう一つの時間を取りもどす。化石燃料や原子力に依存した「火の文明」を闇のなかで再考するもよし、家族や恋人との親密な時間を取り戻すもよし。いずれにしてもキャンドルの灯は、都市文明の過剰な明るさのなかで見えにくくなっている一人ひとりの「心の灯」を可視化する触媒にすぎません。

日本語では、こうした心の灯、ひとの魂(霊)も“ヒ”と呼んできました。眼にみえない“ヒ”が肉体を持って生まれてくる、それが男なら“ヒコ”、女の子なら“ヒメ”、あわせて“ヒト”・・。ちなみに「おむすび」 「結び」の“ムス・ヒ”とは、この“ヒ”(霊)の力をギューっと圧縮して増幅する営みをあらわしています。

正月や盆など、太陽の「日」が極まる季節には、「灯」をともして先祖の「霊」をお迎えする、あるいはその化身としての「子ども」(ヒコ・ヒメ)が町を練り歩く。こうした日本古来の、かつ世界中にみられる“ヒ”の文化の現代的な再生として、キャンドルナイトはいつもどこかデジャヴのような懐かしさを感じさせます。単なる省エネ運動や一過性のロハス・ブームでなく、こうした人類文化の記憶の古層に触れるような骨太な活動として、キャンドルナイトを育てていきたいものです。

エコ家族キャンドルナイトバージョン その2:エコ家族特別編 キャンドルナイトバージョン
ご存じ「エコ家族」のご自宅に突撃レポート!なんとスタッフがプレゼント用キャンドルをお届けし、一緒にキャンドルナイトをやりましょう!という企画です。 
>>もっと詳しく

その3:プレゼントキャンペーン商品も「エコキャンドル」です!
6月のプレゼントキャンペーン商品も、ズバリ「エコキャンドル」!プレゼントに応募して地球にやさしい「エコキャンドル」であなたもスローな夜を過ごしませんか?

6月のプレゼント
※こちらのプレゼントは終了いたしました。どうもありがとうございました。

  • 詳細な効果を見てご検討したい方へ
    無料診断・お見積り
  • メーカーの見積りを一括請求
    メーカー一括見積り
  • WEBで効果や見積りがすぐ分かる
    発電シミュレーション
  • 他社からもらった見積り
    見積り診断
  • 蓄電池の設置を検討中の方へ
    蓄電池の無料お見積り
  • 詳細な効果を見てご検討したい方へ
    総合お問い合わせ

各種お問合せはこちらから

発電シミュレーション

無料調査・お見積り

メーカー一括お見積り

見積り診断