MENU
> コジさんのはんなりエコ日記 > コジさんのエココラム

コジさんのエコな日々

コジさんのエココラム

2013年10月28日(月)

第2回 節電リフォームとは-後編 節電効果を上げるためのステップ

  • mixi

節電リフォームの次のステップとして、床・壁・屋根・天井の断熱をご紹介します。
熱はあらゆるところから入り、出ていきます。エネルギーの無駄遣いの原因が断熱効果の低い家だとしたら、一生懸命節電の取り組みをしたとしても効果が薄くなってしまいます。しっかりと断熱をして、節電効果をアップさせましょう!今回はお悩み別おすすめリフォームをご紹介します。

お悩み:結露が気になる

1.壁のリフォーム

壁を断熱することにはいくつかのメリットがあります。結露を防ぎカビの防止、断熱効果で冷暖房を省エネ、快適な温度が保たれることでヒートショックを防ぐ(ヒートショック:温度差により身体がショックを感じ脳溢血などを誘発すること)ことなどです。結露の原因は冷えた窓ガラスや壁に暖かい空気が触れ、冷えて水滴が付くことです。窓ガラスや壁を冷やさないことで結露を大幅に防ぐことができます。壁のリフォームには外壁に断熱材を施工する方法や、内壁に断熱効果が高く吸湿、放湿に優れた珪藻土を用いて断熱する方法などがあります。また、換気と風通しをよくし室内の空気をかきまぜるように意識することが大切です。

お悩み:上の階、屋根裏部屋が暑い!

2.屋根・天井のリフォーム

二階や屋根裏は太陽熱の影響を受けやすく、夏は暑く冬は寒くなります。屋根や天井を断熱すると建物全体の断熱性もアップし、冷暖房効果が大きく上がります。

屋根断熱

屋根裏に断熱材や遮熱材を施工して日射熱を防ぎ、屋根が熱くなるのを抑えるので冷房の効きがよくなります。 断熱材を屋根の裏側に施工するものや、吹き付けるもの、屋根の外側に断熱材を施工する方法など様々で、工事も一日で終わるものから大がかりになるものもあります。屋根断熱は屋根によって工事が難しい場合もあるので、工務店などに相談してみるといいでしょう。
太陽光発電のパネルを屋根に乗せるのも断熱効果があります。パネルを載せることによって野地天板(屋根・瓦の下の板)表面温度は、※夏場は設置前より-10.92℃下がり、冬場は+5.23℃上がるというデータがあります。断熱効果が高く、屋根裏温度が快適になります。
※省エネ財団HPより(株)ポラス暮らし化学研究所調べ(省エネドットコムより

天井断熱

天井裏に断熱材を施工することで、小屋根と室内の熱の移動を少なくし夏は冷房の効きがよくなり、冬は室内の熱の損失を防ぎ部屋が暖まりやすくなります。 屋根断熱よりも工事が容易で工事費も経済的です。

お悩み:足元が寒い!

3.床のリフォーム

足元が寒い、暖房の効きが悪いとお悩みの場合は床断熱が効果的です。床下に断熱材を施工することで床下からの冷気を防ぎ足元の冷えを解消します。床下だけで工事が済む方法は、普段の暮らしを変えることなく工事できるものもあり気軽です。冬場は足元が暖かいと体感温度もずいぶん違ってくるので、寒さにお悩みのお家にはおすすめの断熱法です。

家中の断熱リフォームをご紹介しましたが、暑い、寒い、結露など、お家によってお悩みはそれぞれだと思います。すべてのリフォームを一度に行うのは大変ですよね。お悩みに合わせたベストな断熱方法を、専門店で相談してみてはいかがでしょうか。

投稿時刻 11:13 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
2013年09月09日(月)

第2回 節電リフォームとは-前篇 節電効果を上げるためのステップ

  • mixi

省エネでありながら快適に暮らす節電リフォームをご紹介していますが、今回は第二弾。節電効果を上げるための具体的な方法をご紹介します。

今回は窓と上手に付き合い、断熱と風を生かした快適な住まいづくりをご紹介します。
窓は、光や風や景色、人の生活に潤いをもたらしてくれるものです。同時に暑さ寒さなどがダイレクトに入ってくる場所でもあります。季節や時間、気温を見ながら窓を開けたり閉めたり、ちょっとの工夫でもっと快適なくらしになりますよ。

窓を断熱しよう

効果的な節電には窓がポイント 暑い夏や寒い冬、熱も冷気も窓から入ってきます。住まいに入ってくる熱や冷気の割合は、窓が71%と最も高く、無理なく効果的な節電には窓がポイントです。

1.強い日差しを抑える

窓から入る熱を抑えるには窓の外側をガードすることが大切です。手軽にできるものから本格的なリフォームまでご紹介します。

簡単!昔ながらのすだれやよしず、緑のカーテンで日差しを遮る。

窓の軒につるすだけの「すだれ」や立てかける「よしず」は手軽なのに高い遮断効果があります。窓を開けて過ごせる時は、すだれやよしずに霧吹きで水をかけると涼しい空気が入りエコです。それから、多くの家庭で実践されるようになった緑のカーテン。ゴーヤやアサガオなどの植物を窓や壁面に張ったネットに這わせて自然の力で遮熱しようというものです。ツル性植物は育てやすいので初心者でも楽しみながら実践できます。

DIY感覚で取り付け可能な日よけ

窓の外に取り付けて、日差しの強い時にロールカーテンのようにさっと下ろして日差しをカットするサンシェードや、お庭やテラスにオープンカフェの日よけのように広げるオーニングなどは、窓の外側で効果的に熱を遮蔽することができます。自分で簡単に取り付けられるものや紫外線対策されているものなどバリエーションも豊富です。すだれ、よしずは1~2年で痛みが激しくなりますが、しっかりしたサンシェードは長く使え見た目もスタイリッシュです。マンションなどでも設置可能な場合も多く気軽にトライできます。

ガラスの交換・内窓の取り付け

もっと本格的に、オールシーズンの断熱を目指すなら、断熱性の高い窓ガラスに交換する方法や、今ある窓の内側にもう一枚窓を取り付けて二重窓にする方法もあります。二重窓は防音効果もあり、冬にも高い断熱効果を発揮します。
機密性が向上することによって、エアコンの効きも良くなり節電効果がアップします。

断熱

太陽熱を入れないように、カーテンやブラインド、すだれなどを活用して日影を作るようにしましょう。張るだけで断熱できるシートを活用するのもいいでしょう。屋根の断熱には、太陽光発電パネルの設置も効果があり、2階のお部屋の温度も違ってくることも。

2.風を取り入れた暮らしを

風を取り入れた暮らし 窓を閉めきってエアコンに頼るばかりではなく、朝晩の涼しい時間は窓を開け、室内に風を通しましょう。ただ窓を開けるだけではなく、入った風が抜けていく先のドアや窓を開けることも忘れずに。風の通り道をつくってあげましょう。一日に一度でも風を通すようにすると、カビやダニの繁殖も抑えられますし、なんといっても気持ちがいいですよね。夏場は網戸に埃や汚れが溜まっていないかチェックしお掃除しましょう。網戸の掃除には洗剤を使わなくても汚れが落ちるメラミンスポンジがおススメです。洗剤を使わずエコですし、すっきりきれいになり、風通りがよくなります。同時に窓辺に打ち水をするのもおすすめです。夏らしい風情とともに少しひんやりとした風が入ってきます。
日本の夏は暑くて湿度も高く、過ごしやすいとは言えませんが、エアコンと上手に付き合いながら、ひと時の涼を求めて楽しみながら過ごしたいものですね。

断熱による節電リフォームによって、少ないエネルギーを効率よく使うことができるようになります。エネルギーの自給自足が実現する「スマートハウス」が近年注目されていますが、エネルギーを作りだすだけではスマートな暮らしにはなりません。しっかりと断熱し、暮らしを見直し限りあるエネルギーを有効に使うことが大切です。
スマートハウスについてはこちらで詳しくご紹介しています。

太陽光発電設置、ソーラーローンのご相談や補助金のご質問等、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

無料調査・お見積り 無料調査・お見積り


投稿時刻 18:18 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
2013年08月14日(水)

エココラム 特別版 省エネしながら快適な夏を!

  • mixi
エココラム 特別版 省エネしながら快適な夏を!

暑い毎日が続きますね。真夏日には、室内でも熱中症になることがあるので温度管理はとても大切。でも、エアコンを一日中つけていると電気代がどうしても気になりますよね。家庭での夏の電力消費の割合をみると、エアコンが58%でダントツ。※1 エアコンを見直すことが、夏場の省エネに最も効果があるといえます。
では、具体的にできることは何でしょうか。

※1(経済産業省:節電アクション 夏季の節電メニュー より)

1.エアコンの使い方を見直す

エアコン本体

室内温度は28度を目安に、風向きは水平。自動運転モードにして、熱くなってきたと感じたら温度を下げるより風量を強くしたほうが節電です。また、フィルターや内部の冷却フィンの掃除も大切です。埃や汚れが溜まると、空気を吸い込みにくくなり、電力消費量が上がってしまいます。

室外機

室外機が暑くなるとパワーが落ちます。日影を作って、太陽熱から守りましょう。その際、吹き出し口をふさがないように注意が必要です。

暮らし

外から帰ったら、まず換気して熱気を外に出してから冷房を入れた方が、早く部屋が涼しくなります。ベランダや窓辺に打ち水をして、地面の熱を奪い涼しい風を取り入れるのも効果的です。

断熱

太陽熱を入れないように、カーテンやブラインド、すだれなどを活用して日影を作るようにしましょう。張るだけで断熱できるシートを活用するのもいいでしょう。屋根の断熱には、太陽光発電パネルの設置も効果があり、2階のお部屋の温度も違ってくることも。

省エネエアコンに買い替える

2002年の製品と、2012年の製品(8~12畳用)の製品を比べてみると、年間で約25%もの節電効果があります(期間消費電力量の目安は2002年の製品が1,197kWh/年、2012年の製品901kWh/年)。※2 10年ひと昔とはよく言いますが、省エネに関しては性能が著しく向上していますので買換えるのもひとつの手です。
では、どんなエアコンを選べばいいのでしょうか。省エネ製品を選ぶときには「統一省エネラベル」をチェックしましょう。星の数が多いほど省エネ性能が高いことを表し、年間の電気代の目安も示されています。それから、エアコンは設置する部屋の広さにあったものを選びましょう。広い部屋に、狭い部屋用のエアコンをつけると余計に電気を消費することも。
環境省が運用する省エネ製品買換ナビゲーション「しんきゅうさん」(http://shinkyusan.com)では、今使用している製品と買い替えを考えている製品を比べると、どれだけ節電・CO2削減になるか調べることができます。シミュレーションを利用すれば買換えも安心ですね。

※2 参考:一般財団法人 家電製品協会 省エネ家電de温暖化防止 最新製品への買い替え効果
http://www.shouene-kaden2.net/see/sim_eco_perf.html

太陽光発電で電気を作って、電気代を減らす!

夏に消費量が増える電力を家庭で作り補い、しかもそれがCO2を排出しないクリーンエネルギーだとしたらどうでしょう。太陽光発電なら、夏に上がる電気代分を発電して、買う電気代をカバーできます!
でも、実際どれほど発電できるのか気になりますよね。

「太陽光発電を設置した場合の経済効果」
たとえば共働きで日中はほとんど外出されているご家庭のケースでは、昼間発電した電気の大半を売ることができるため、月々平均約8,000円だった電気代は4,307円に節約、さらに余った電気を売ることで10,640円の収入を得られます。
現在は購入価格も数年前より安く、ソーラーローンや余った電気を売ることでお支払の負担も少なくなっています
2013年度6月現在の、当社のシミュレーションによる年間発電量4,625kWh 4.08kW (南西15度 4寸勾配) 想定算出の一例。ご自宅の条件により異なります。

ご自宅の屋根が太陽光発電の設置に向いているのか、どれくらい発電できるのかシミュレーションもできます。「ニコそら診断」は航空写真でご自宅を見つけて、クリックするだけ。検討の目安となる発電量、家計貢献金額、補助金情報も一目でわかります。
>> 詳しくはこちら

太陽光発電設置、ソーラーローンのご相談や補助金のご質問等、どんなことでもお気軽にお問い合わせください。

無料調査・お見積り 無料調査・お見積り


投稿時刻 13:45 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
2013年07月19日(金)

第1回 節電リフォームとは-後篇

  • mixi
節電リフォームってなに?/第2回 節電リフォームとは-後篇

前回からご紹介している、無理せず快適に暮らしながら節電できる方法「節電リフォーム」。今回は「節電リフォームってなに?~後篇」として、断熱リフォームの方法や住宅の省エネ基準についてについてご紹介していきます。

家庭のエネルギー消費はぐっと抑えるために大切なのが「断熱」。夏涼しく、冬暖かい家にするために、具体的にどんな事をしていったらよいのでしょう。

窓の断熱

家の中で熱の出入りが最も大きい窓。熱は温度の高いところから低いところへ移動して、同じ温度になろうとします。夏には外の熱気が室内へ入り込み、冷房で冷やされた室内の温度を上げ、冬には室内の暖気が外へ逃げてしまうのが「窓」です。断熱材が入っている壁とは違い、窓はダイレクトに熱が伝わる場所。夏場、家の中に入ってくる熱のうち、窓から入ってくる割合は71%、冬に暖房で暖められた空気が窓から逃げていく割合は48%にものぼります。家の中の快適な温度の大半が窓から逃げているということになりますね。ですから、窓の断熱が家全体の断熱に最も効果的だと言えるのです。

断熱方法もいろいろあります。窓にスプレーするだけで断熱効果のあるコーティングスプレーや、断熱シートを窓に張り、シートとその間にできる空気の層で断熱するもの、既存のサッシを生かしたままガラスのみ断熱ガラスに変える方法や、内窓をつけて二重窓にする方法など、手軽にできるものから大がかりな工事が必要なものまでさまざまです。手軽にできるスプレーやシートやフィルムを張るものは費用が安く済みますが、ガラスを変えるものにくらべれば効果も低くなります。しっかりと窓断熱をしたい方にはやはり二重窓がいいでしょう。でも、まずは気軽に自分でスプレーやフィルムなどをホームセンターなどで購入し断熱効果を体験してみるのもいいと思います。

断熱効果が高ければ冷暖房の効きも良く、設定温度を緩めに設定しても快適に過ごせるようになります。消費電力が下がれば契約アンペア数を見直すことも可能になり、さらに節電につながります。

屋根・床下・壁の断熱

窓の次に重要なのが天井、床、壁の断熱。しかし、壁や床の断熱リフォームと聞くとかなりの大がかりな工事と高額な費用を連想してしまいますが、手軽にできるものもあります。たとえば内壁では、断熱・結露防止・シックハウス症候群対策などで注目されている自然素材の珪藻土は、ローラーで塗るタイプや壁紙タイプなどもあり自分でリフォームすることも可能です。

設備の交換

毎日使う住宅設備を省エネタイプのものに交換することで大きな効果があります。たとえば、トイレは節水型便器のものを、お風呂は節水シャワーヘッドに、浴槽を保温効果の高いものを選ぶなどです。初期投資にかかる費用が高くなったとしても、毎日の生活で必ず使う場所での省エネは長い目で見ると大きな節約につながります。また、冷蔵庫や洗濯機など毎日使う家電の見直しも大きな省エネにつながります。家電に関しては、お掃除やメンテナンスで消費電力に差が出るものがあります。たとえばエアコンや換気扇、掃除機などはフィルターや通気口が汚れやほこりで目詰まりすると余計に電力を消費しますので、掃除のしやすさというのも重要なポイントです。家電の買い替えのタイミングの際には、省エネ性能の他に「簡単にマメに掃除できる工夫があるか」も考慮して選ぶといいでしょう。

省エネ基準って知ってる?

住宅には省エネルギー基準という断熱性能の基準が定められています。1999年以降「次世代省エネ基準」という新たな基準が設けられました。高温多湿の夏に風を通すことを重点に考えられてきた古来の住宅事情と異なり、現代は冷暖房があたりまえの時代です。家の作りが変わり、エネルギー効率のよい住宅、断熱性の高い住宅が求められるようになりました。その時代よって住宅に求められていたものが違うので、省エネ基準が異なるのです。

~1979年に建てられた家 (築32年以上) 無断熱、旧省エネ基準以前
1980年~1891年 (築31年~築20年) 旧省エネ基準
1992年~1998年 (築19年~築13年) 新省エネ基準
1999年以降 (築12年以下) 次世代省エネ基準

※出典:尾間 紫「節電リフォームで我慢しない快適な暮らし」
(URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/387626/

というように時代とともに基準が変わっています。旧省エネ基準というのは、現在の次世代省エネ基準の1/4~1/5程度、新省エネ基準は1/2程度の断熱性能が満たされていれば基準を超えていたことになります。旧省エネ基準、新省エネ基準までは断熱性能を引き上げて省エネルギー対策を強化したものでしたが、次世代省エネ基準では、個々の住宅の省エネルギー性能を強化するというよりも、住宅の省エネルギーの普及や定着を主眼としたものになっています。この基準をクリアしていくことにより、住宅の省エネ化、スマートハウスなどの普及を視野に入れているものなのです。築年数の古い住宅は、省エネ基準が甘いので断熱の力も弱い場合が多く、冷暖房にかかるエネルギーも多くなってしまいます。ご自宅の築年数はどの基準にあてはまるでしょうか。節電リフォームをお考えの際に参考になさってくださいね。

節電+創エネのバランスが大切

節電リフォームで我慢せずに消費電力を減らすことができたら、次はお家でエネルギーを作り出す「創エネ」が理想です。省エネドットコムでは、電気を「つくり」、「賢く使う」エコライフを実現する「スマートハウス」を分かりやすくご紹介するコンテンツもご用意しています。お考えの際に参考になさってくださいね。

次回は、節電効果を上げるためのステップを詳しくご紹介します!
お楽しみに。

※出典:尾間 紫「節電リフォームで我慢しない快適な暮らし」
(URL:http://allabout.co.jp/gm/gc/387626/




投稿時刻 12:14 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
2013年06月19日(水)

第1回 節電リフォームとは-前篇

  • mixi
節電リフォームってなに?/第1回 節電リフォームとは-前篇

節約、節電と聞くとなんだか「ガマン」が伴うような気がしてしまいますが、なんでもガマンは長く続きませんよね。
無理せず快適に暮らしながら節電できる方法として注目されているのが「節電リフォーム」です。今月から数回にわたり、節電リフォームについてご紹介していきます。

節電リフォームとは

節電リフォームとは、窓や壁、床や天井などを断熱性の高いものに取り換えたり、暮らしの機器を省エネ製品交換をしたり、暮らしをもっと快適に、エネルギー消費を抑えた暮らしができるようにするためのリフォームです。夏涼しく、冬暖かい気持ちのいい暮らしに加え、エネルギーを自宅で作る「創エネ」設備を加えれば、さらに充実した省エネライフが実現します。

家庭での電気消費量の実態家庭での消費電力の7割が、エアコン・テレビ・冷蔵庫・照明などです。夏の消費電力はエアコンがダントツ1位なのは予想通りですが、実は冬でもエアコンや暖房器具の消費電力がトップです※。夏冬ともに冷暖房に最も電気を使い、快適な生活を望んでいるということです。冷暖房にかかるエネルギーを節約できれば家庭のエネルギー消費はぐっと抑えられます。そのために大切なのが「断熱」。いくら性能のいい冷暖房器具を使っていても断熱がされていない家では、せっかく快適な温度を作り出しても逃げて行ってしまいます。夏涼しく、冬暖かく。では、そのためには家のどこを見直せばいいのでしょうか。
※経済産業省、資源エネルギー庁による家庭の節電対策メニューより引用

窓の断熱
家の中で熱の出入りが最も大きいのが窓です。窓の断熱をおこなうことで、冷暖房の効きも良く、設定温度を緩めに設定しても快適に過ごせるようになります。
屋根・床下・壁の断熱
断熱のポイントはやはり熱の出入りの一番多い「窓」ですが、次に行うべきは天井、床、壁の断熱です。大がかりな物から手軽にできる物まであります。
設備の交換
トイレやお風呂など、毎日使う住宅設備だからこそ、省エネタイプのものに交換することで大きな効果があります。

節電+創エネのバランスが大切

節電リフォームで我慢せずに消費電力を減らすことができたら、次はお家でエネルギーを作り出す「創エネ」が理想です。家庭で電気を作ることができる設備として、太陽光発電や家庭用燃料電池(エネファーム)などが代表的です。どちらも自宅で発電し自宅で使うので送電によるエネルギーロスもなく効率的で、しかもCO2を排出しないクリーンなエネルギーです。電気の自給自足をし、太陽光発電の場合は余った電気は電力会社に売ることができるので、節電意識がさらに向上します。電気を「つくり」、「賢く使う」エコライフが、最近とても注目されています。さらに、つくった電気を「ためる」ことができる家庭用蓄電池なども普及しはじめ、「スマートハウス」として広がりを見せています。エネルギーと向き合いながら暮らす生き方がこれからは求められていくのでしょう。

省エネドットコムでは、「スマートハウス」を分かりやすくご紹介するコンテンツもご用意しています。お考えの際に参考になさってくださいね。

次回は、断熱リフォームの方法や住宅の省エネ基準について詳しくご紹介します!
お楽しみに。




投稿時刻 17:53 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
[an error occurred while processing this directive]