MENU
> コジさんのはんなりエコ日記 > コジさんのエココラム

コジさんのエコな日々

2010年12月28日(火)

エコロジスト対談/第2回:「荒川クリーンエイド」事務局長 糸岡栄博さん編voL1

  • mixi
コジさんエコロジスト対談/第2回:「荒川クリーンエイド」事務局長 糸岡栄博さん編

エコロジスト対談の第2回目は、荒川のゴミ拾い・ゴミ調査を中心とした様々な活動を行い、川の自然や川から見えてくる環境問題を考えて市民の環境保全への意識の向上を目指す「荒川クリーンエイド」事務局長・糸岡栄博さんをお招きしてお話を伺います。

「荒川クリーンエイド」事務局長 糸岡栄博さん
糸岡:
単なる清掃活動にとどまらず、どんなゴミが落ちているか、調査しながら拾うことで、ゴミの重みを一つ一つ感じてもらいます。
また、「ゴミを取り除き、自然を取り戻すことを体感してもらう環境啓発活動である」ということが我々の活動の特色です。
【糸岡栄博さんプロフィール】
NPO法人「荒川クリーンエイド・フォーラム」理事・事務局長
株式会社損保ジャパン・リスクマネジメントを経て現職。大学院時代には、環境教育を学ぶ傍ら、(財)日本自然保護協会、NPO法人川に学ぶ体験活動協議会、NPO法人日本水フォーラムのインターンシップを経験。企業・市民・学校・行政等のセクター間パートナーシップの質の向上を模索している。
荒川クリーンエイド・フォーラム 荒川クリーンエイド・フォーラム」のご紹介
市民団体を始め沿川自治体や小中学校・高校、多くの企業が社会貢献活動として参加。それぞれの団体が実施会場を持ち、参加者を募ってクリーンエイド(ゴミ拾いとゴミ調査)を実施しています。
コジ
荒川クリーンエイドはどのような活動をしているのですか?
糸岡

「荒川でちょっといいこと ゴミ拾い」というキャッチフレーズのもと、いろいろな方が気軽に参加できるボランティア活動を実施しています。環境保護活動というと敷居が高いようなイメージがありますが、誰でも気軽に参加できるような活動を目指しています。

荒川の流域では一千万人余りの人口を抱えています。その多くの人口が排出する数えきれないたくさんのゴミに川は悲鳴をあげています。そのゴミが生態系へ及ぼす影響は測り知れません。年間100会場、一万人が参加してゴミ拾いとゴミ調査の活動を続けていますが、それでもなかなかゴミは減りません。

ゴミ拾いの様子
ゴミ拾いの様子

我々のゴミ拾い活動の特徴は、「数えるゴミ拾い」といってゴミを48種類(散乱ゴミ)に分類しながら拾い、そのゴミの種類と数を確認しながら参加者に「気づき」をもたらすことを目的としていることです。単なる清掃活動にとどまらず、ゴミの重みを一つ一つ感じてもらい、自然を取り戻すための活動であることを確認してもらう環境啓発活動であることが、我々の活動の特色です。そして、分類したゴミとその数を集計し、データ化して社会に発信していくことで、多くの人がゴミ問題を考える材料になればと考えています。

コジ
荒川クリーンエイドが目指すことを教えてください。
糸岡

クリーンエイドという言葉は、Clean(きれいにする)とAid(助ける)が合わさった造語です。様々な人の手を借りて、ゴミを拾って自然を回復させようと活動しているんです。

活動の大きな目的は3つあります。1つ目は、荒川のクリーンアップ、清掃活動を通じて川と親しみ、参加者の環境保全の意識を向上していこうという意識啓発です。

環境学習支援
環境学習支援

2つ目は、「行政」「自治体」「企業」や、学校などの「子どもの団体」などとパートナーシップを実現しながら環境問題を考えること。市民が自発的に参画してくれることも重要です。

3つ目は、荒川沿川住民による河川環境保全の活動を進め、ゴミ拾いを切り口に積極的な市民参画を推進し、河川管理への市民権を確立していくことです。

河川は、国が管理しているものなのですが、もっと市民が主体的に管理に参加して、「自分たちの手で自然を取り戻すのだ」という意識をもつということが重要だと考えています

コジ
荒川クリーンエイドの活動には6つの柱があるようですが、それについて教えていただけますか?
糸岡

1つ目に挙げられるのが「クリーンエイド活動」で、これは我々の活動の中心に置かれ、荒川のゴミ拾いとゴミ調査、そしてその調査結果を社会に発信するというものです。

他の5つはクリーンエイド活動の周辺活動になっていますが、どれも切り離せないものでそれぞれが重要な位置づけになっていますのでそれぞれを紹介しますね。

2つ目の「水質調査」は、試薬を使って汚れ具合を調べるテストで市民の手によって調査され、公表されます。精緻な数値を示すものではありませんが、実際に水がきれいなのか汚れているのかがわかります。市民の活動によって川の健全性が明らかになるということも一つの成果だと思っています。

3つ目の「流域連携」というものは、荒川流域に居住する方々の交流を図る試みです。例えば、荒川源流から中流域、下流の干潟などで自然観察をするエコツアーを実施しています。同じ荒川流域でも上・中流域と下流域ではなかなか交流する機会もありませんので、こういったイベントを通じて共に連携し河川流域の環境を考え、力を合わせて問題解決しようと進めています。

4つ目は「環境学習支援」です。小中学校の総合学習への支援や指導者育成講座の開催など荒川での水辺遊びと学びに協力しています。こちらは学習支援チームを結成して活動しています。

5つ目は「社会貢献や市民参画への支援」。こちらは市民向けの他に、企業向けに研修やアウトドア活動のプランとしてパッケージツアーを企画して提案しています。ワークショップなども企画していて、新入社員研修の一環に環境研修として取り入れる企業が最近増えています。

ただ座学を行って終わりという感じの従来の環境研修ではなく、ゴミ拾いを通じてその結果を社会に発信するアクションプランを立案するといったような事後研修も含めて提案しているので、社員のひとりひとりに環境意識の改革を訴えかける重要なツールになっているのではないでしょうか。

6つ目の「情報提供」では、毎年の活動報告だけでなく年に数回発行されるニュースレターには参加者の声などメッセージを掲載して、一方通行の情報発信ではなく顔の見える関係というのを目指して広報しています。どういう人が参加してどういう成果があったのか具体的に情報を公開していきたいと考えています。

糸岡さん&コジさん

そして、今後力を入れていきたい活動に「自然地の管理」というものがあります。これを7番目の活動に挙げたいと思います。「自然地」というのは「守るべき自然地」と「利用すべき自然地」に分けられます。「守るべき自然地」は自然環境の保全を目的とし、人の立ち入りを制限するもので、具体的な活動としては絶滅危惧種を保全する取り組みなども含まれます。

一方「利用すべき自然地」は里山のように人が立ち入ることを前提とし環境学習や自然環境教室に活用しながら、除草やゴミ拾いなどを行っていくものです。この荒川の自然地がどういう特性があるのかということや、草花や外来種、絶滅危惧種などを定期的に専門家や特殊なメンバーで構成して調査を実施していこうと考えています。管理、守るという活動に協力してくれる企業の参加も視野に入れています。今後は、環境学習とクリーンエイド活動と自然地の管理を関連させて、包括的に活動を進めていこうと考えています。

コジ
糸岡さんが荒川クリーンエイドに参加したきっかけを教えてください。
糸岡

学生時代に水質の研究をしていました。上京した際その延長で、水質調査で有名な某大学の教授を訪ね、彼から荒川クリーンエイド・フォーラムを紹介されたのがそもそもの出会いです。実際にクリーンエイドの現場に連れて行かれ、ゴミ拾いにも参加しました。

それまで水質研究という主に数字やデータによって示されるものと向かい合っていた自分には、とても衝撃的な体験でした。ゴミ拾いという活動がなぜか楽しく感じて、研究室にいるだけでは決して感じることのないであろう、すがすがしさや感銘を受けました。それ以来しだいに活動にかかわるようになっていったという経緯があります。

小冊子・リーフレット
小冊子・リーフレット

荒川クリーンエイドの歴史としては、1994年がスタートです。1990年代初頭と言えば三重県の長良川河口に堰が作られ、利水や治水のための建設とそれに伴う生態系への悪影響などから反対運動が起き、社会問題になった頃です。開発と環境、公共事業や河川管理の在り方の問題を提起するきっかけになった出来事でした。

それまでは治水は国の管理下にありましたが、そこに「環境」という問題を入れて市民と協働で進めていく、橋渡し役になりたいと思い始めたのが最初です。そのプロジェクトに荒川は実験的に選ばれたと思料します。荒川の河川敷のグランドを利用している企業や自治体などの団体に声をかけて、イベントとしてゴミ拾いを始めたんです。

その当時はまだ旧建設省「荒川下流工事事務所」が主導で行っていましたが、1995年からは市民団体に事務局を移行しました。市民が中心になることで中立公平な立場で多様な人を呼び込むことに成功し、今では参加者は年間一万人を超えるまでになりました。

コジさん
コジ:
捨てる行為だけでなく、ゴミの消費から生産までさかのぼって見直す努力をしないとだめなんですよね。
コジ
荒川クリーンエイドの今後のビジョンについて簡単に教えてください。
糸岡

わたくし個人としてはまずは団体の予算面で、もっと自立していくべきだと考えています。現在は国(国交省)からの予算にどうしても頼らざるを得ませんが、もっと企業や団体をまきこんで、さらに有志からの寄付などを募り、市民団体として金銭面でも自立していく必要があると考えています。そのために先ほどお話した「自然地の管理」という分野に力を入れていこうと考えているんです。企業や団体にも協賛してもらうようにと日々奔走しているんですよ。

それと同時にさらに力を入れていきたいのが、拾ったゴミのデータの分析とその情報発信です。例えば1994年と2009年を比べて、たばこの吸い殻が1/3程度に減っているのに対してペットボトルは5倍以上増えています。煙草のポイ捨てはここ数年でずいぶんと意識が啓発されたこともありますし、喫煙場所の減少など理由はさまざまでしょう。ペットボトルの増加には、ライフスタイルの変化、そもそも作られるペットボトルが増えたということがあります。大量生産、大量消費、大量廃棄の社会を反映して、データは示されているんです。

荒川のゴミは、河川流域で捨てられたゴミだけではありません。街中の側溝や用水路に捨てられた煙草の吸殻やペットボトル、レジ袋など様々なゴミが流されて河に辿り着くのです。それがどんどん溜まっていき、2か月もすればあっというまに川はゴミでいっぱいになります。その現状を多くの人にもっと知ってもらいたいですね。

コジ

捨てるという行為だけでなく、ゴミになるものをなるべく買わないようにするとか、そもそも作らないようにするとか、消費から生産までさかのぼって見直す努力をしないとだめなんですよね。

環境教育や啓発活動、情報発信などがいかに大きな役割を担っていくかということですね。

 

皆さんも荒川クリーンエイドに参加してみませんか?

荒川クリーンエイド

ゴミを拾うという活動が、あなたの心に何かを届けてくれるかもしれません。一人でも、一回だけでもOKです。参加ご希望の方はこちらをご覧ください。
詳しくはこちらへ

「荒川クリーンエイド」事務局長 糸岡栄博さん&コジさん

次回は荒川クリーンエイドのより具体的な活動内容についてお聞きしたいと思います。

<次回予告>
第2回:糸岡栄博さん編voL2
「荒川クリーンエイドの活動について」

次回をこうご期待!

投稿時刻 9:05 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
2010年12月27日(月)

2010年度 太陽光発電「国の補助金」補正予算分のスタート

  • mixi

こんにちは。世間はクリスマスや忘年会シーズンですね。今年も残すところあとわずかとなりました。寒暖の差がやや大きくなるこの時期。
にわかに風邪やインフルエンザも流行り始めているようです。皆さんお気をつけてくださいね。

 

● 太陽光発電「国の補助金」補正予算分が27日からスタート!

今年度の補助金を諦めていた方にチャンスです!

12月24日(金)に終了予定だった国の補助金制度が、補正予算分として12月27日(月)から開始されると発表がありました。申請期間は12月27日(月)~2011年3月31日(木)、金額や対象など諸条件については、平成22年度本予算から変更はないようです。想定補助件数は66,000件程度となっています。

詳しくは、J-PECでご確認ください。

設置をご検討の方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

来年度以降は、1kWhあたり売電48円の余剰電力買取り制度も価格低減の可能性があり、2011年度の補助金も、当初と比べて予算が20%縮小したことにより1kWあたり7万円から減少する可能性があります。そのため、年度末は駆け込みで設置工事が殺到する可能性があるので、ご検討のかたはお早めに、販売・設置業者に相談しましょう。

また、「補助金を受け取るためには、いつまでに何をすればいいの?」と弊社に多くのお客様からのご質問を頂いていますので、今回は、「今年度の補助金を受け取るポイント」をご紹介します。

 

● 補助金を受け取るには、いつまでに何をすればいいの?

今年度の補助金を受け取るためには、補助金申込み締切り日までに、「補助金申込書」をJ-PEC(太陽光発電普及拡大センター) に提出(必着)の必要があります。

一般的に、「補助金申込書」の送付は販売会社が代行しており、各種契約が完了した工事直前に行われます。

【太陽光発電ご契約の流れ】 ※当社の場合

【STEP1】 太陽光発電の無料診断・見積り申込み
  ↓
【STEP2】 事前調査
  ↓
【STEP3】 シミュレーションのご提案・ご契約
  ↓
【STEP4】 現地調査・補助金申請…補助金申込み締切り日までに書類必着
  ↓
【STEP5】 工事・系統連系
  ↓
【STEP6】 発電開始

一般的に、見積もり申込み~補助金申請までには、1~2週間はかかりますので、それまでに各種シミュレーションを申込み、施工会社を決定すると良いでしょう。

ただ、販売会社によって申請時期が違っていたり、お客様の条件によって補助金が受けられない場合がありますので、詳しくはお問い合わせください。

 

● 補助金についてのお問い合わせ

総合問い合わせ」までお気軽にお問い合わせください!

投稿時刻 12:08 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
2010年12月13日(月)

エコロジスト対談/第1回:「太陽生活ドットコム」編集長小川誉久さん編voL3

  • mixi
コジさんエコロジスト対談/第1回:「太陽生活ドットコム」編集長小川誉久さん編

太陽生活ドットコム」を運営する小川様をお迎えしての対談シリーズも最終回になりました。さて今回は、太陽光発電発電設置にあたって、より具体的な施工や販売、業者選びについて詳しくお話を伺っていきたいと思います。

「太陽生活ドットコム」編集長 小川誉久さん
小川:
施工の良し悪しは、業者の誠意にも左右されると言えますね。
ちょっとした気配りも業者によって違いますから、やはりきちんと調べて良い業者に施工していただきたいと思います。
コジ
弊社は太陽電池の販売だけでなく施工も行っております。品質にも気をくばり、なんとか10年間やってこれたと思っております。施工にもいろいろな業者があると思うのですが、実際にユーザーの声を聞いていらっしゃる立場から、どのような情報がありますか?

※2010年7月より、弊社の施工は子会社である太陽光発電システム施工専門会社「日本ソーラーサービス」が行っています。

小川

現在は補助金の影響で月に15000~18000件と設置工事が増えています。また、業者も新規参入が広がっており、業者の数は増えていますが、きちんとした業者ばかりとは言えませんね。

例えば、新築物件への施工はまだ良いのですが、築数10年以上などの既築物件で経年劣化している屋根に重いパネルをのせるような場合、通常の施工以外にどういう工事が必要なのかを判断するにはかなりの経験が必要だと思います。ところが、そういうことを知らずに、売れるからといって参入して、エアコン工事感覚で安易に設置してしまう業者もいます。

しかし、太陽光発電は重量物を家の屋根につけるわけですから、しっかり施工しないと、後々重大なトラブルになる可能性があります。代表的なトラブルは雨漏りですが、屋根裏に雨水がしみ込むという程度ではなかなかユーザーはわかりません。

その後何年かたってユーザーが雨漏りに気づくころには、屋根裏はたいへんなことになっているのですが、ずいぶん時間もたっているので、それが太陽光の工事が原因なのかは簡単には判断できません。そして業者に相談しようと連絡したら、すでに業者は倒産していた、などということもあります。

ですから、太陽光発電パネルの設置は、エアコン工事とはちがうのだということを、消費者によく理解してほしいですね。エアコンの場合は量販店で購入し、工事も誰が来るかわからない場合でもあまり問題がないと思いますが、太陽光発電は10年、20年と使っていくものですからね。屋根の上にあれほど大きく重いものを載せ、通常は屋根に固定用の穴をあけますし、やはりしっかりした施工が必要ですね。

購入時にはもちろん値段も大事ですが、本当に20年つきあっていける業者なのかどうかをよく考えていただきたいと思います。誰が工事に来るのかもわからないような買い方ではなく、なるべくなら地元にいて、何かあったら電話一本で飛んできてくれるような、そういう業者を見つけるべきです。

コジ

太陽電池の性能というは、「作られるもの」なんですよね。カタログ上のスペックだけでなく、パーツがあって、組み立てる人がいて、組み立てて初めて「性能」も出来上がる。

つまり、組み立てる人によって性能が良くも悪くもなるのですよね。見える所ならまだいいですが、見えないところに何かあると後々まで残ってしまうものですから。

小川
御社は施工技術向上のために何かしていることはありますか?
コジ

小川さん&コジさん弊社では、社内の監査部門が施工の現場を抜き打ちで見に行ったり、お客様相談室を設置してお客様とコミュニケーションをとって情報を得たりしています。また、設置してから一年後に無料点検という制度を設けています。

とにかく、長い期間安心して使っていただくということが、自分たちの会社のためにもなりますし、今やっと伸びてきた太陽光発電のマーケットのためにもそういった検査体制は必要だと思いますね。

小川

太陽光発電というものは、ちょっとした故障で発電が数パーセント落ちてしまいます。しかしその程度の故障だと気がつかない場合もあるんです。購入時にはつい、安くて、カタログ上の発電効率にとらわれてしまいます。

しかし20年以上使うわけですから、どんなに安くて発電効率のいいものを買ったとしても、数年でトラブルが起きて、気がつかないままにずっと過ごしまったら、その方が損失が大きくなってしまいます。

長く使うのだからこそ、その業者が信頼・安心できるかをよく考えて、パネルもカタログ的に効率がいいものばかりを無条件に選ぶというのではなくて、信頼できる業者とよく相談して、メーカーなどを決めたほうがいいと思います。カタログ上のスペックというのは最も理想的な条件を設定しているわけで、いつもそのとおりにいくとは限らないですから。

コジ

カタログスペックについては、理想的な条件で計測していることが大前提ですからね。カタログ表示の方法も、本当はもっと改善されていくべきですね。カタログ表示に関しては実際分かりにくい部分も多く、お客様からも質問されることがよくあります。我々としては、シミュレーションをなるべく細かく出すなどの対策をとっていますが、メーカーとしても、業界としてもなるべく改善していくべきだと思いますね。

販売に関しても、余剰電力の売電を実際よりも誇張してお客様に説明している業者もいます。例えば月々の電気代が15000円だった場合、10000円が昼に使われているものなのか、夜に使われているものなのかで売電価格に大きな差が出ます。そのシミュレーションの誤差が1年分、10年分となってくると大きな金額の違いになってきますよね。

施工もそうですが、販売もきちんとした情報を伝えていかないと、大きな問題になってしまいます。太陽の照り具合によるものだといういい訳では済まされないほどの差になりますからね。

小川

サイト上でも触れていますが、面倒でも相見積もりをとることがとても大事です。そしてその中の、ネガティブな情報に注目してください。売る側は良いことだけを言いがちですが、その中でどれだけネガティブな話を正直に話してくれているのかということに注目してもらいたいですね。

シミュレーションも同様で二つ以上を比べて、大きな差がある場合はネガティブな情報を出しているものが、慎重にデータを出しているわけですから、より信じられると思いますね。

コジさん
コジ:
やはり施工も販売も両輪でうまく回っていかないと、太陽光発電パネルは普及していかないということを感じますね。
小川

施工に関しては、消費者の皆様は業者にそれほど差がないと思っている場合が多いのですがそんなことはありません。例えば黒い屋根に真白い配管を使われると、毎回屋根を見るたびに白い配線が目立つなあと思うのも嫌ですよね。

家の中の配線にしても、なるべくなら壁の内側や床下を通したほうがきれいですよね。そういうちょっとした気配りも業者によって違いますから、やはりきちんと調べて良い業者に施工していただきたいと思います。

コジ

我々も、これだけ長く太陽光発電を販売していると過去にはいろいろ反省すべきこともありました。過去の問題から改善点が見つかることもありますから、真摯に受け止めていくべきですよね。私がお客様相談室にいたころの話ですが、配管材の種類や使用条件によってプラスチックが劣化して割れてしまうということがありました。それを、丈夫で形状も太いものに変えました。

価格も高く、曲げにくく作業もしにくくなるんですが、耐久性が20年、30年と伸びるということもあり、長い目で見た場合必要なことと判断しましたね。施工は、各業者の裁量で決められる部材がありますから、やはり業者選びは重要だと思います。

小川

コジさん施工の良し悪しは、業者の誠意に左右されると言えますね。なるべく安い部品を使い、人手を減らしたいのが工事する側です。利益のためにそれをやってしまう業者なのか、20年お客様が安心して使えるためには多少コストが高くても良い部材使おうという業者なのか、大きく二つに分かれるような気がします。

僕が付き合いがある業者は、後者のような業者が多いのですが、残念ながら皆がそうではないので実績などをよく見て判断してもらいたいですね。

コジ

太陽光発電の市場が拡大してきて、他の産業からも新しい業者が参入してきていますが、ただの電気工事感覚で安易な施工をしてしまうと、後々その業者にとっても決して得にはなりませんからね。

今はいろいろな消費者保護の法律もあるので、営業を続けられないという最悪の事態にもなりかねません。他にも、例えば屋根のプロという業界の方が参入した場合、今度は電気のことが専門ではないばかりに、電気のプロでは考えられないような配線をしてしまったり、雨が入ってしまったり、という場合があったという話もありました。

小川
電気工事の場合はきちんとやらないと火事になってしまいますから、さらに注意が必要ですよね。今日の話が、消費者の方々の業者選びの参考になればいいですね。
「太陽生活ドットコム」編集長 小川誉久さん&コジさん

<第1回対談・編集後記>
小川様には三回にわたり、太陽光発電の情報提供について、太陽光発電の将来への展望、そして具体的な設置や施工、業者選びなど幅広いお話を伺うことができました。独特の目線で語られた太陽光発電業界について、とても興味深い対談となりました。

<次回予告>
第2回:荒川クリーンエイド 糸岡栄博さん編voL1
「荒川クリーンエイド&糸岡様のご紹介」

次回は荒川クリーンエイドの糸岡様をお迎えします。どんな内容になるか、私も今から楽しみです。
乞うご期待!

投稿時刻 10:44 | 個別ページコメント(0)トラックバック(1)