MENU
> コジさんのはんなりエコ日記 > コジさんのエココラム

コジさんのエコな日々

2010年11月26日(金)

エコロジスト対談/第1回:「太陽生活ドットコム」編集長小川誉久さん編voL2

  • mixi
コジさんエコロジスト対談/第1回:「太陽生活ドットコム」編集長小川誉久さん編

太陽生活ドットコム」を運営する小川様をお迎えしての対談第2弾です。
今回は、太陽光発電のこれから、エネルギー問題の観点からも「日本の太陽光発電の未来」を語っていただきました。スケールの大きい展望に、太陽光発電業界への期待が膨らむお話が聞けました。

「太陽生活ドットコム」編集長 小川誉久さん
小川:
エネルギー安全保障の観点からも、エネルギーを自分で作り出すことは非常に重要だと考えます。ぜひ、多くの方に太陽光発電を導入していただきたいですね。
コジ
太陽光発電がこれから普及していく中、御社のサイトではどのような情報提供をしていこうとお考えですか?
小川

消費者が、太陽光発電の技術などのわからないことを、ある程度理解してから製品を選んだり設置を考えたりするための材料を提供したいと考えています。

残念なことですが、「急がないと補助金がなくなる」とか「設置したら電気代がタダになる」などを売り文句に、売るだけ売ってあとは知らん顔。そんな悪質業者もいます。そういう業者に限ってとんでもない工事をしている場合があります。それはこの業界全体にとっても非常にマイナスなことです。悪い評判は広がりやすいものですしね。

一時期、太陽熱温水器が日本で爆発的に普及した時期がありました。しかし急速にしぼんでしまいました。その原因の1つが、業者の強引な販売方法にあったといわれています。今、太陽光発電で同じようなことが起こったら、とても悲しいことですし、日本のためにならない。
それを防ぐために、自分のできることは何かと考えたときに、消費者一人ひとりに太陽光発電というものを知ってもらい、悪質な業者にだまされないように、そういうきっかけを情報サイトを通じて提供できればと考えています。

難しい話ではなく、どんなもので何ができているのか、自分の環境は太陽光発電の設置に向いているのか、自分が選ぶとしたらどういうものが良いのか、そういう身近な疑問にわかりやすい答えを発信していきたいと思っています。

コジ
太陽光発電は今後、さまざまな場所で導入されていくと思いますがメーカーや国、それぞれの立場でやるべきことが違うと思いますが今後どんなことが大切だとお考えですか?
小川

まず、何より価格を安くすることです。太陽光発電は今はまだ、高級な車を一台買うくらいの値段ですからね。国の補助金や、余剰電力の高額な買取などを前提として普及を促せば将来的には安くなるとは思いますが、安くなっても効率が悪くなったり、品質が低下しては意味がありません。
効率を上げながら、品質も保ちつつ、価格も下げる。そして、日本の多くの屋根に普及してほしいと思っています。太陽光は国産のエネルギーですからね。

現在私たちが使っている電気は、遠くにある電力会社の大型の発電機で作られ、送電線を伝って私たちの家にやってきています。しかし経済産業省の資料などによれば、例えば原油から火力発電で電気を作って送電する場合、発電時や送電時のロスで、元のエネルギーの6割くらいが失われるといわれます。
その点、太陽光発電は自分の家で発電して、自分の家で使う地産地消なので、ロスがほとんどありません。

日本は、エネルギー資源の9割以上を海外に頼って生活していますので、エネルギー安全保障の観点からも、自分で電気を作るという国産エネルギー源を増やすことは非常に重要だと考えます。ぜひ、多くの方に太陽光発電を導入していただきたいですね。

コジ

太陽光発電は「環境」という切り口で語られることが多いですが、日本の国全体を見た場合、重要なエネルギー源であるという面を持っているということですね。
環境問題を押し出すだけでなく太陽光発電のメリットを違う角度からPRしていくということも非常に大事ですね。

さて、太陽光発電の世界はこれからどうなっていくとお考えですか?

小川

最近また太陽熱温水器が脚光を浴びつつあります。太陽光発電は約2割弱くらいのエネルギー効率なのに対し太陽熱だと50~60%を熱エネルギーに変換できる非常に効率のいい製品なんです。
僕は熱利用もいいと思いますね。太陽光温水器にはオール電化対応、エコキュート対応の物もあるのですが、太陽熱温水器にはガスの湯沸かし器の方がが相性が良いでしょうね。

太陽光と太陽熱を利用して電気や熱を作り出し、太陽のエネルギーを生活に活かして外部のエネルギーに依存しないようになるのが理想ですね。風力というのもありますが、日本ではコスト的にもちょっと合わないかなと思いますね。まずは、自然に降ってくる太陽のエネルギーをどうやって電気や熱に活かしていくかということが大切です。

今は電気代が安くなるとか、余剰電力を売電できるとかということで、生活の余裕のなかで太陽光発電を検討されている方がほとんどだと思います。しかし今後は、新興国の資源争奪などで電気代もガス代も高くなっていくと思います。そうなれば自然エネルギーの活用は、余裕としてではなく、豊かな生活を続けるために不可欠な存在になっていくでしょう。

太陽光発電は直流の電気を作るのですが、現在はパワーコンディショナでそれをいったん交流に変換して、それをさらにACアダプタなどで直流に戻して使っています。この変換のたびにロスが生じるので、将来は直流をそのまま使う「直流家電」が増えるといわれています。自然エネルギー利用の普及とともに、私たちの生活も大きく変わっていくでしょう。

コジ
最近注目のスマートグリッドについてもお聞かせください。
小川

スマートグリッドは、既存の電力の供給網と情報ネットワークを組み合わせて、自然エネルギーなどをより効率的に使えるようにする方法として注目されている未来の電力網です。アメリカのエネルギー省のパンフレットには、消費者の視点で見ると安くエネルギーを使える仕組みだと書かれています。

例えば電気自動車を充電する場合、必要なエネルギーは一軒の家で一日にかかるエネルギー量と同等だという報告もあります。朝、電気自動車に乗って出勤し、夜帰宅してから充電をするとします。そうすると、充電する夜に大きな負荷がかかるわけです。
今の電力供給網は、基本的に蓄電ができませんから、その負荷に耐えられないでしょう。ピークに合わせて設備を拡大すればそれにはコストもかかるし、そのコストは電気料金に反映されるでしょうから電気代も高くなります。

これに対しスマートグリッド時代には、例えば電力供給と電力需要を比べて、需要の少ない深夜時間帯、電気料金の安い時間帯を自動的に見計らって電気自動車を充電するなどが可能になるはずです。
こうすれば、電力供給網の負荷は上がりにくくなりますから、設備への投資は抑制できます。またユーザー側も、安い電気をうまく使って電気自動車を充電できるというわけです。

太陽光発電のような自然エネルギー活用はどんどん進めるべきですが、いかんせん、自然エネルギーはどれも、自然まかせでエネルギーを作るので、電力供給のコントロールが非常に難しい面があります。
こうした気まぐれなエネルギー資源をうまく効率的に活用するためにも、スマートグリッドは必要なのです。将来は、個人の住宅や電気自動車など、多くのものがスマートグリッドに対応することになるでしょう。

コジさん
コジ:
お客様の気持ちに支えられて、太陽光発電は今では1つの産業と呼べるようになってきたのだと思いますね。
コジ
電気が時価になってくるようなイメージですね。
小川
そうですね。でもそれは、決して電力会社を儲けさせるためではなく、消費者にとってもメリットがあることです。
コジ
スマートグリッドはここ2,3年で急に言われるようになりましたよね。蓄電したり、電力消費量や発電量を管理したりしてエネルギーをより効率良くするというような漠然としたイメージとしてとらえがちですが、正確にどんな概念でどんな目的で進められているのか今一つ浸透していない感じがするのですが。
小川

現時点では日本の太陽光発電は住宅向けが圧倒的ですよね。日本と言うのは、ソーラーメーカーもあれば太陽熱のメーカーもあれば家電メーカーも自動車もある。全部揃っているわけです。そして一番大切なことですが、日本人のメンタリティは社会に対して貢献していこうという意識がすごく強いと思うんです。

例えば中小企業も消費者も協力して、国をあげてエネルギーの安全保障を推進すれば、巡りめぐってメーカーも強くなる、消費者にも売れるようになれば、日本の産業が強くなり、結果としてそれが消費者に還元されていく。そんな良い循環が生み出せると思っています。日本にはそれを可能にする素材がメンタリティも含めて全部揃っています。ぜひそういう方向に持っていって、それを日本の付加価値として世界に広げていきたいですね。

これからの住宅はこうだ、これからの自動車はこうだ、と自信を持って言えるようなそういう先進国になってほしいですね。そして、僕は最終的には世界中がそうなっていくと思いますね。

コジ

たしかに、日本人特有のメンタリティかもしれませんね。

外国の方からみると個人が自分の屋根にせっせと太陽光発電をつけるという話に驚くという話を聞いたことがあります。ドイツや他の外国に比べると売電価格もぐっと低く、経済的に見合わないとしても、自分でできることはないかという理由で設置していることが奇異にさえ映るそうです。やはり日本人のもっている気質があって、住宅から太陽光発電が広まっていったのだと思うんですよね。

私が一営業マンだったころから、補助金がなくなったりいろいろなことがありましたが、そういうお客様の気持ちに支えられて、太陽光発電は今ではやっと1つの産業と呼べるようになってきたのだと思いますね。

「太陽生活ドットコム」編集長 小川誉久さん&コジさん

次回は、太陽光発電の施工や設置業者の選び方など具体的なお話を伺う予定です。

<次回予告>
第1回:小川誉久さん編voL3
「太陽光発電の施工と設置」

次回をこうご期待!

投稿時刻 13:46 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
2010年11月01日(月)

エコロジスト対談/第1回:「太陽生活ドットコム」編集長小川誉久さん編voL1

  • mixi
コジさんエコロジスト対談/第1回:「太陽生活ドットコム」編集長小川誉久さん編

今回から「太陽光発電」と「花」を愛するエコロジースペシャリストのコジさんが、世の中の「自然エネルギー活用の普及」や「エコロジー活動を推進する方々」を紹介します。

第1回目は、太陽光発電システムを上手に活用して、地球にやさしい生活を実践しようとする人のためのインターネット情報サイト「太陽生活ドットコム」を運営する小川様をお迎えしての対談です。日本から世界への展開も視野に入れた、環境ビジネスの未来を語っていただきました。

「太陽生活ドットコム」編集長 小川誉久さん
小川:
「消費者と産業が全体で発展し、環境ビジネスを世界に浸透させていく、その震源地になれたら」という思いで「太陽生活ドットコム」を運営しています。
【小川誉久さんプロフィール】
「太陽生活ドットコム」編集長
コンピュータープログラマーを3年経験後、出版社へ転職。約10年間、技術者向けの雑誌「スーパーアスキー」の編集を手がけ独立。10年前に「デジタルアドバンテージ」を設立。コンピューターの技術者向けの情報をWEBを中心に発信している。
太陽生活ドットコム 太陽生活ドットコム」のご紹介
太陽生活ドットコムは、太陽光発電システムを上手に購入し、これを活用して、地球にやさしい生活を実践しようとする人のためのインターネット情報サイトです。
コジ
小川様の経歴を簡単におしえていただけますか?
小川

現在は、2009年の7月に公開した、太陽光発電の「太陽生活ドットコム」という消費者向けのポータルサイトを運営しています。

もともと僕は、コンピューターのプログラミングを3年間経験し、その後、出版社に転職、「スーパーアスキー」というコンピューター雑誌を約10年間、とくに技術者向けの雑誌を作っていました。その後、 10年前に独立し、今の「デジタルアドバンテージ」という会社を設立しました。それ以後は、コンピューターの技術者向けの情報をWEBを中心に発信しています。

いわゆるITをずっとやってきたんですが、ITというのはある意味一巡し成熟したというか、「ITが急成長した時代」というのは過去のものになってきており、われわれとしても、次の成長の糧を見つけようと始めたのが、この「太陽生活ドットコム」です。

コジ
ITという分野と環境という分野では、ずいぶんと違うような気がするのですが、太陽光発電のサイトを始められたきっかけを教えて下さい。
小川

34年前にドイツ、スペインあたりで、大規模な太陽光発電の発電所が多く建設された時がありましたよね。その時に太陽光発電向けのウエハーを製造する会社をやっている、大学時代の親友から声をかけられまして。

その時期に需要が急増することで太陽光発電ビジネスが急拡大し、仕事を手伝うことになったんです。金額も規模も大きいんですが、とにかく作るそばから売れる、作る前から売れる、できたらできただけもってこいという感じでしたね。「これはすごい市場だな!」と感じました。

自分はずっとメディアの仕事に就いていたので、メディアと太陽光発電との接点を、それ以来ずっと考えていました。
ですが4年前というと、日本では住宅の太陽光発電市場が冷え込んでた時期でもありました。

コジ
そうですね、補助金がいったん廃止になった時期に重なりますね。
小川

そういう時でしたので、メディアの発信先は業界向けにしようかと思っていましたね。マスメディアというのは多くの人に読んでもらってこそのものですので、本当は消費者向けにやりたい、と思っていたんですが、足元の市場はなかなか厳しい状態でした。

なので「今始めても難しいかな…」と思っていたところに、補助金が復活し急激に注目が高まり、実際に物も動くようになってきました。そこでいよいよ消費者向けに太陽光発電という内容で、WEBサイトで何かできることはないかとスタートしたわけです。

コジ
4年前というと、補助金が始まるちょっと前あたりですね。
小川
この頃は、太陽光発電パネルがドイツ、スペインで飛ぶように売れ、それによってシリコンが不足し、シリコンの価格がものすごい勢いで高騰しました。
その時の勢いはすさまじいものがありましたね。
コジさん
コジ:
太陽光発電があれば売れるというよりは、売り方をどうするか、お客さまにどうやって情報を伝えていくかということが大事かなと。
コジ

どんどん売れるのを目の当たりにして、太陽光発電のポテンシャルというものをというものを実感されたのですね。日本の太陽光発電も、今でこそやっと盛り上がってきましたが、作れば作っただけ売れるというところまではきていません。

電池があれば売れるというよりは、売り方をどうするか、お客さまにどうやって情報を伝えていくか、ということが大事だと考えています。

さて、今実際に運営されている「太陽生活ドットコム」ですが、コンセプトや今後の展望など教えていただけますか?

小川

ノーベル化学賞の受賞という、大変うれしいニュースがありましたね。日本にはこんなに偉大な科学者がいて、偉大な技術があるのに、それをノーベル賞受賞で初めて日本人が知る。これはある意味悲しい状況です。
そんな人がいること、そんな技術が日本にあること、「社会に役に立ってるんだ」ということを、もっと多くの人が知るべきですよね。

資源のない日本は、技術立国としてやっていくしかないと思います。私も理科系でエンジニアだったこともあり実感していますが、日本には、せっかく技術も知恵もあるのに、それらがうまくかみあっていないんですよ。

コジ
その技術やアイディアを、多くの人に知ってもらう場をつくりたいとお考えなのでしょうか?
小川

日本はこれからエネルギー問題に直面します。もちろん、食糧問題、エネルギー問題というのは人類が抱えている根本的な問題だと思います。

日本で40年ほど前から言われ続けている「太陽光発電30年計画」というのがあります。当時は価格が高くて実用は難しいとみられていましたが、やっと今ここ10年くらいで普及し売れてきたな、という実感がでてきました。
しかし、その矢先にドイツや中国に市場を持っていかれている、という残念な状況であるのも事実です。太陽光発電、ソーラーパネルにおいては日本のシェアはどんどん下がっています。

ただ、これからはパネルだけが売れればいいのかというとそうではありません。これからエネルギー問題というのは、もっと深刻に複雑になっていくでしょう。例えば、自動車はハイブリッドから次はプラグインで充電をする、その先には電気自動車というように変化していきます。

コジ
エネルギーは形を変えていく、ということでしょうか?
小川

現在は、電気が比較的安く提供されているので、使いたいときに使えます。
しかし中国のレアアース問題で表面化したように、資源獲得競争というものが世界中でし烈になってくるでしょう。地球上の約60億人、すべてが豊かになればいいのですが、全員が現在の日本人のような生活をするのはまず不可能でしょう。

なぜ不可能かというと、食料問題とエネルギー問題で、残念ながら彼らが十分に使うだけの食糧もエネルギーもないからです。しかしその一方で、中国やインドなどではどんどん生活力が上がり、エネルギー需要が増え続けています。

日本に資源がたくさんあればいいのですがそうではない。取り合いになったときに、当然価格が上がります。電気を気にせずに使える時代が、これからも続く保証はありません。そこで注目されるのが、自然エネルギー、太陽光発電です。
太陽光発電に関して言えば、今はまだ生活に余裕のある世帯に、主に普及しているような状況です。今後予想される資源不足とその争奪によって、電気代が2倍3倍になったとしたらどうでしょう?生活すら困難になるのではないでしょうか?

今は、太陽光発電は条件が良ければ、一年を通してゼロエネルギーを実現できるほどのレベルになってきています。将来高騰するかもしれないその電気代にかわるだけの能力が今の太陽光発電にはあると僕は思っています。

これからの5年、10年はおそらく世の中がガラリとかわることでしょう。その変化の中で日本がどう対応していくかが重要でしょうね。日本には太陽光発電の技術や家電製品、自動車、インフラ、全部ひととおり揃っていると思うんですよね。それにも関わらず、残念ながら車は車、家は家、ソーラーはソーラーで、というように連携されていないのです。これからはそうではなく、それを一体化して、産業として発展させていくことが必要です。
そして、その中心にいるのは消費者で、その必要性をある程度きちんと理解して、自分の生活の中で選択していくことができる。そういう市場が日本にあるというのが僕は非常に大事だと思うんですよね。

消費者も賢くなる、産業も賢くなる。
消費者と産業が、全体で発展していって、「環境ビジネス」を世界に浸透させていくという、そういう震源地になれたらいいな、という思いで「太陽生活ドットコム」を運営しています。

コジ

日本の太陽光発電マーケットの一番の特徴は、ほとんどが個人の住宅向けという点です。個人の方が、自分たちのエネルギーを自分で選ぶ、という時代になってきました。しかしまだまだ、太陽光発電を提供する側と買う側には、情報も含めギャップがあるのかもしれませんね。

例えば、車なら皆さんある程度、知識や共通認識がありますが、太陽光発電はまだ新しい製品です。そのあたりのギャップをうめていきたいということでしょうか。今後の御社さまの活躍に期待したいですね。

「太陽生活ドットコム」編集長 小川誉久さん&コジさん

次回は太陽光発電そのものについて、もうすこし詳しくお話をお聞きする予定です。

<次回予告>
第1回:小川誉久さん編voL2
「太陽光発電について」

次回をこうご期待!

投稿時刻 9:09 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)