MENU
> コジさんのはんなりエコ日記 > コジさんのエココラム

コジさんのエコな日々

2010年09月30日(木)

気になるエコアイテム 「リサイクル&ごみを減らしてエコキッチン編」

  • mixi

キッチン回りからは、毎日たくさんのゴミがでます。そしてそのほとんどが使い捨てのものばかり。今回はキッチンの使い捨てをなくして、省エネ、時間も短縮できる便利なエコグッズを探してみました。

 

● 使い捨てる代わりに

シリコーンラップ

何度もリサイクルするのが難しく、キッチンでの使い捨ての代表格になっているラップですが、洗って何度でも使えるラップがあります。

シリコーン製のシート状のラップで伸縮性、吸着性があり、冷凍庫でもレンジでも使えるものです。食器用の中性洗剤で洗えて、煮沸消毒も可能、もちろん食器洗い乾燥機にも対応しています。容器にぴったりフィットするのでラップよりもきっちり密封できて、においの強い食品保存におすすめです。
吸着面が濡れているとくっつかないので、水分を拭き取ってから両端をひっぱって伸ばしながらかぶせるのがポイントです。
一枚500円前後からと値段にはばらつきがありますが、100円ショップでも扱っている場合がありますので気軽に試してみることができますよ。

シリコンラップ
シリコンラップ

しっかりふたがされている感じがします

シリコンラップ

ひっぱってかぶせるのがコツ

サイズがいろいろあって、容器に合わせてふたをするタイプのものもあります。シリコーン製はピタッと密着するのが特徴。ふたタイプはかぶせるだけのプラスチック製もあります。

いずれも何種類かサイズを用意しておけば使い回せてラップの使い捨てがなくなりそうです。 さらに裏技として、買ってきた食材を包んであったラップもリサイクルしましょう。ステンレスを磨くのに使えます。歯磨き粉を少量つけてラップを丸めてやさしく磨きます。
やかんやキッチンのシンクなどの、しつこい汚れやくすみをきれいに落としてくれますよ。

ふた付き容器

脱ラップ生活にはふた付きの容器を利用するのもおすすめです。
お漬物や常備菜などはふた付きの陶器の入れ物に入れておけば、そのまま食卓に出せて、残ったらそのまままた保存できて、洗い物も少なくすんでエコ(そのうえ手抜きも・・・)です。
昔ながらの和風食器から、おしゃれな陶器などいろいろあるので料理に合わせてセレクトできそうです。

かわいい蓋タイプ

こんなかわいい壺タイプにはお漬物やつくだ煮が似合うかも!?

おしゃれな蓋つき陶器

おしゃれな食卓にも映えるふた付き陶器もあります

 

● シリコントレイ・バラン

シリコントレイバラン

カラフルでかわいいシリコーン製
おかずケース

お弁当のおかずケースとして使い捨てられてきたトレイやバラン、シリコーン製なら何度でも洗って使うことができます。
おかずをシリコントレイに小分けして、そのまま冷凍し、使う時にトレイのままレンジ解凍することもできて、とても便利です。

紙のケースのように液体を入れるとぐにゃっと広がったりすることがないので、ジュースを入れてアイスを作ってお子様のおやつにも活用できます。

他にも、マドレーヌやミニケーキの型に利用しておかしづくりもできます。シリコーンは耐熱温度が230度あるので安心してオーブンにもレンジにも使えますよ。

 

● クッキングシートのかわりにシリコーンシート

オーブン料理やお菓子作りにかかせないのが、クッキングシートです。でも、一回で使い捨てなのが本当にもったいないと感じていましたがクッキングシートにもシリコーン製があるんです。食材がくっつかずにさらっとはがれて洗うのも簡単です。
柔らかく形が変えやすいので天盤の大きさにフィットして使いやすいのが特徴です。フライパンやホットプレートに敷いて調理することもできて、焦げ付き防止になり調理器具を洗うのがとっても楽に。シートは食洗機にも対応しています。

このほかにもシートは調理器具の滑り止めや、ビンのふたを開けるときにも使えてとても重宝します。

シリコーンシート使用例

ホットプレートにも使用可能

シリコーンシート使用例

すべり止めとしてもOK!

 

● キッチンペーパーの代わりに

揚げ物をした時の油きりのキッチンペーパー、油を吸ったらそれでおしまい、の使い捨てです。このお皿は油きりの網がわりにうねと溝があり、自然に油が落ちるような設計になっています。
盛り付け皿と二役こなせるおしゃれなデザインで、そのまま食卓に出してもOK。これなら油きりに使っていたキッチンペーパーもいらないし、油きりのバットなどの洗い物も減ります。

センターエッグパン

そのまま食卓に出せるおしゃれなお皿

 

● 時短&省エネ調理器具

シリコントレイバラン

一度で何種類ものおかずを調理できる「センターエッグパン」

しきりのあるフライパンは、一度に複数の調理ができる上、何度もフライパンを洗わなくていいので時間の短縮にも省エネにも、環境にもやさしいとてもエコなキッチングッズです。

沸騰したお湯と塩とパスタを入れて放っておくだけでアルデンテのパスタができる便利グッズ

沸騰したお湯と塩とパスタを入れて放っておくだけでアルデンテのパスタができる便利グッズもあります。真空断熱だから、大量のお湯を沸かさなくてもちゃんとおいしく茹であがる保温調理器具です。
エネルギーと時間が節約できて、コンロが空くので茹でている間にソースも作れます。

 

● 環境にやさしい洗い物習慣

アクリルたわし

アクリルたわし

地球にも人にもやさしいアクリルたわし

手作りできるアクリルたわしは、水だけで汚れが落ちるので地球にやさしく、洗剤による手荒れもありません。アクリルたわしは、アクリル100%の毛糸を使って作ります。
アクリルは細かい繊維でできている弾力性のある毛糸と毛糸どうしが生み出す通気性・通水性のおかげで細かい汚れもきれいに落ちます。
アクリルたわしは、キッチンの洗い物だけでなくお風呂や浴槽、鏡や蛇口の曇りなどのお掃除にも洗剤なしで使えます。
また、からぶきで使えば窓ガラスやパソコンのほこりとりなど幅広く活躍しますよ。

スクレイパー

スクレイパー

一度で何種類ものおかずを調理できる「センターエッグパン」

スクレイパーとは、食器を洗う前の習慣にしたい汚れを落とすヘラです。
カレーや油料理などの汚れたお皿をさっとぬぐってから洗えば、汚れも素早くおちて洗剤も水も節約になります。もちろん排水も汚れを少なく済むので地球にも優しいですね。

 

● いらない服で雑巾をストック

キッチン回りは油の飛び散りや水、おしょうゆや卵など何度も拭かなければならないので、あっという間に布巾が汚くなりますね。何度も洗わなければならないし、何枚も必要です。そんなときに、古布ストックが便利です。
パジャマや肌着、Tシャツなどリサイクルするのもちょっと・・・という衣料はそのまま捨てずに、ざくざくと手のひらサイズに切ってストックしておきます。コンロまわりや水回りの汚れをさっと拭いてから捨てれば、最後の最後までリサイクルできますよ。

キッチンのエコといえば、これまでは生ゴミ処理機が主役でしたが、ちょっとした工夫や今回ご紹介したような手軽なエコグッズで、環境負荷を減らすことができます。ぜひお試しください!

投稿時刻 22:30 | 個別ページコメント(0)トラックバック(1)