MENU
> コジさんのはんなりエコ日記 > コジさんのエココラム

コジさんのエコな日々

2010年07月30日(金)

気になるエコアイテム「サンパチェンス編」

  • mixi

夏の日差しを受けて、草花の色もいっそう鮮やかに感じられる7月です。今月は、温暖化や大気汚染の軽減に効果がある植物「サンパチェンス」を紹介します。

 

● 環境浄化植物「サンパチェンス」とは?

サンパチェンスは、株式会社サカタのタネが開発した花壇用の草花で、一般的な草花と比べて高い環境浄化能力がある植物です。


ツリフネソウ科インパチェンス属の植物をかけ合わせて人工的につくった園芸植物で、暑さにも強く、風でたおれてもすぐに回復する力をもった生命力の強さが特徴です。

 

● 環境浄化作用とは?

サンパチェンスの環境浄化作用は、自動車などの排気ガスに含まれる大気汚染物質の二酸化窒素(NO2)、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒド(HCHO)、地球温暖化の原因とされる二酸化炭素(CO2)を効率的に吸収分解して、養分として自分自身の成長に使っているというすごいものです。


多くの植物には、このような浄化作用がありますが、サンパチェンスの場合一般的な植物と比べてCO2を約4~6倍、ホルムアルデヒドを3~4倍、二酸化窒素を5~8倍吸収する能力があるそうです。

 

● 夏に涼しく体感温度を下げる効果

植物は自分で蓄えた水分を効率よく利用して蒸散させ、体温を下げる仕組みを持っています。葉の陰になる部分の気温は葉の表面より低く、その冷やされた空気が植物付近に拡散して植物周辺の気温を下げます。


植物には二酸化炭素などを吸収したり、水蒸気を出したりと呼吸のような役割をする「気孔」という穴がありますが、サンパチェンスは、普通の植物よりもその気孔が大きく数が多いので、暑い空気を吸収し水蒸気を多く出すことができるために、より大気温度を下げることができると考えられています。


まるで打ち水をした時のように、地面の温度を下げるので打ち水効果とも言われています。しかも、サンパチェンスの場合は、水をまいたときだけ温度が下がる本当の打ち水と違って、植物が生きているあいだ中この打ち水効果を発揮し続けるので、冷却効果が持続できるというわけです。
その打ち水効果は、他の植物に比べて植物の表面温度で3.0~4.5度も低く、気温は2.5度、地面は10度以上低いという実験結果が出ています。

 

● 枯れてからもCO2を固定

サンパチェンスは、環境浄化能力の高さだけでなくその生命力の強さから育てやすく、春から秋まで途切れることなく花が咲き長い期間楽しめる身近な園芸用の花として普及しています。


見た目も華やかであることから学校や会社の花壇などでも広がりを見せています。

 

● カラーラインナップも豊富

トロピカルな花色で深みのあるグリーンの葉色がとてもきれいで、ガーデニングにも華やかなアクセントになります。ボリュームのある草丈で、立体的に美しい花壇がつくれます。


色は、オレンジ・ホワイト・ラベンダー・プロミネンス(桜色系統のピンク)・コロナ(オレンジがかったピンク)・ローラ(濃いめのローズピンク)・斑入りサーモンピンク・斑入りホワイト・ライラック・淡いピンクなど、カラーラインナップもたくさんで、華やかな花壇にぴったりです。

 

● 活躍するサンパチェンス

上海万博に合わせて、万博会場や上海市内に16万鉢も設置され彩りを添えています。中国の園芸市場にも注目をされていて、広大な土地へ広まりを期待されています。日本でも、日テレエコウイークなどのエコイベントで紹介されました。


また、渋谷Flowerプロジェクト(シブハナ)の活動に協力してくださっている、渋谷公園通商店街振興組合さんでも、渋谷公園通りにある160個のウイスキー樽を再利用したプランターにサンパチェンスが植えられています。


多くの人が、サンパチェンスのことを知り、広がって大きな環境効果につながるといいですね。 環境浄化、ヒートアイランド現象の緩和にも効果があるサンパチェンス。育てやすく、華やかでガーデニングに取り入れる人も増えているそうです。

 

● 天然のクーラー「グリーンカーテン」

サンバチェンス同様、環境浄化、ヒートアイランド現象の緩和に役立ち、しかも夏におすすめなのが「緑のカーテン(グリーンカーテン)」。代表的なのがゴーヤで作るグリーンカーテンです。ゴーヤは成長も早く、わりと簡単に育てられるので窓辺やベランダなどでプランター栽培でも十分育てられます。グリーンカーテンは夏の日差しをさえぎり天然のクーラーといってもいいかもしれませんね。


ゴーヤの栽培について、及びグリーンカーテンについては、カンタン・手軽!エコキッチンガーデン!<ゴーヤ編>でも紹介していますので、ぜひご覧ください!

投稿時刻 15:49 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)