MENU
> コジさんのはんなりエコ日記 > コジさんのエココラム

コジさんのエコな日々

コジさんのエココラム

2010年04月28日(水)

省エネ家電のススメ・番外編「エコパピエ編」

  • mixi


省エネ家電のススメ・番外編「エコパピエ編」

省エネ家電というテーマからは外れてしまうのですが、エコ博士のコジさんが、その画期的な内容にどうしても取り上げずにはいられなかったおもちゃ、エコパピエ。
このコラムを見ていただいている方にお子様がいらっしゃる方は必見!
省エネ家電ではないけれど“番外編”でエコなおもちゃを紹介しちゃいます!
・・・でも、お子様より案外大人が夢中になってしまうおもちゃかも知れませんヨ。

■ エコなおもちゃ・昔編

昔は自然にあるものでみんなおもちゃを作ってあそびましたよね。草笛、竹トンボ、笹舟、竹の水鉄砲など子供たちは植物などで手作りのおもちゃを作りだしていました。

5月には新聞紙でかぶとを折ってかぶったり、紙風船や紙でっぽうなど紙でつくったおもちゃもたくさんありますね。これも昔からの紙を使ったリサイクルおもちゃと言えます。今回は、現代のリサイクルペーパー製造エコおもちゃを紹介します。

■ エコなおもちゃ「エコパピエ」の紹介


「エコパピエ」はおうちにあるいろいろな「いらない紙」を使って、カードやかわいいアクセサリーがつくれる、再生紙製造おもちゃです。例えば、古新聞やちらし広告、雑誌や包装紙などから雰囲気のある和紙風の再生紙が作れます。ちょっと手間はかかりますが、子供がリサイクルのしくみや、ものを捨てる前に工夫して使うということを体験するのにはとてもいい教材になりますよ。それになにより、工夫次第でバリエーションが広がるのでものを作る楽しさに想像力がかきたてられて大人もいっしょに楽しめるのも魅力です!今回は、お子様がいる同僚に協力してもらって、実際にエコパピエを使って貰いました。

■ 使ってみました

「エコパピエ」の遊び方を簡単に説明しますと・・・

【1】いらない紙をちぎり、水に浸し、糊を加えて付属のミキサーでかくはんします。
【2】かくはんしたものを付属のすきわくを使ってすきます。
【3】すいたものを重しで押して水気を切ります。
【4】乾かしてできあがり。
和紙づくりを見たり体験したことのある方は、なんとなくイメージがわくかもしれません。

● 実際に遊んでみました♪

今回は、バースディカードとハガキ、プレゼントにするアクセサリーを作ることにしました。

付属のミキサーやすきわくなどの他に、洗面器やお盆、紙、水などを用意して準備完了。

まずは初めてなので、作り方説明どおりに初めてでも上手にできるティッシュを利用してやってみました。ティッシュを細かくちぎって水を入れ、ミキサーをぐるぐる。家にあったオレンジの絵の具を少しいれて、混ぜること2分強。トロっとなったところで糊を加えてさらにぐるぐる。

すきわくに移してぎゅーっと押します。「ほんとにできるの~?」と半信半疑の様子です。付属のスパンコールやイラスト紙、家にあったリボンやレースなどをレイアウトして置いていきます。重しをして、水気を切り乾燥させます。


乾いたものがこちら。濡れているときより乾いたときのほうが色が薄くなり、きれいなオレンジ色のカードができました。自然乾燥では乾くのに一日くらいかかります。アイロンを使えば早く乾きますが、今回はエコの面も考えて自然乾燥です。

同様になにも飾りを入れずにシンプルなハガキも作り、お手紙を書きました。これは赤系のチラシ広告を使って作ったものですが、和紙のような質感で大人でもしゃれた絵手紙などが出せそうです。同じように雑誌や色つきティッシュなどを使って何枚か再生紙を作りました。いよいよできた紙を使って、アクセサリー作りです。ヘアゴムやカチューシャ、ヘアピンなど家にあるものにデコレーションしてみました。実際のところ、子供はこれがいちばん盛り上がっていましたね・・・。

子供にとっては再生紙をつくるという工程より、できた紙でかわいいものを作るという作業が魅力的なようですが「ティッシュとかチラシでこんな(かわいい)のが作れるなんて夢みたいだね~」とかわいいことを言ってくれました。リサイクルということもなんとなくわかっているのかもしれませんね。できた紙は、大人でもちぎり絵や絵手紙など趣味にも使えそうですがけっこう手間と時間がかかるので、時間にゆとりのある方なら楽しめそうです。

■ 簡単にできる手作りエコおもちゃ

お家にあるものや捨てるはずのものを利用して簡単に作れるおもちゃを紹介します。あっというまにできて、楽しく遊べるのでぜひお試しくださいね。

・お菓子の箱やチラシ広告で簡単ままごとカード

お菓子のパッケージやチラシ広告の写真を切り抜き、段ボールなどの厚紙に貼って、ままごとカードを作ります。お皿に乗せればリアルな食べ物カードができます。「りんごだね」「おさかなはどれ?」など声かけしながら遊べば、食べ物をたくさん覚えて食への興味も広がりますね。裏面に「バナナ Banana」などと書いておけば単語カードにもなります。

・赤ちゃんに手作りガラガラ

空いたペットボトルに、小豆やお米、ビーズなど小さくて細かいものを入れてきっちりふたをしてテープでとめます。小さいサイズのペットボトルのほうが、赤ちゃんも握れるのでおすすめです。応用編として、水をいれたペットボトルにきれいなビーズやプラスチック片などを入れてゆらゆらゆれるおもちゃができます。赤ちゃんは、浮いたり沈んだりする動きに見入って気に入ってくれますよ。

 

投稿時刻 16:18 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)
トラックバックURL :

このエントリーへコメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。