MENU
> コジさんのはんなりエコ日記 > コジさんのエココラム

コジさんのエコな日々

2009年01月31日(土)

「太陽光発電補助金制度」について知ろう!<国の補助金>

  • mixi
地球温暖化が深刻な問題と認識されるようになり、太陽光発電の注目度も高まっています。
太陽光発電は、発電時にCO2を排出しないクリーンなエネルギー創生方法。しかも余った電気は電力会社に売ることもできるので、地球にも家計にもやさしいのがうれしいですよね。また、オール電化と太陽光発電を組み合わせると光熱費削減効果がぐんとアップ。いいことずくめの太陽光発電ですが、初期費用が高く、なかなか設置に踏み切れなかった方も多いようです。しかし!今年は国の補助金制度も復活し、地方によっては自治体の補助制度もあり、太陽光発電システム設置には絶好のチャンスです。
今回は、その補助金制度をわかりやすくご紹介。この機会に、日本の屋根に太陽光発電システムがたくさん増えますように!
太陽の光だけで電気をつくり続けることのできる発電システム。がんばらなくても「エコ」、ずーっと「エコ」。お家の屋根で環境貢献なんて、すてきですね。

● 太陽光発電補助金制度とは?

Q. いつから始まるの?
A. 2009年1月13日から募集開始、同年3月31日締め切りです。
Q. 補助金の金額はいくら?
A. 太陽電池モジュールの公称出力kWあたり7万円の補助となります。例えば導入設備の平均値である3.6kW(新エネルギー財団調べ)の場合、25万2000円の補助を受けられます。工事費を含む3.6kWの設置費用はおよそ250万円ですので、約1割を国が負担してくれるということになります。
Q. 利用するにはどうするの?
A. 都道府県別の受付窓口に申請書類を提出します。
Q. どんな人が対象?
A. 自ら居住する住宅にシステムを設置する個人で、電灯契約をしている方であれば他の制限はありませんが、設置のシステムが一定の要件を満たすことが条件となります。それは・・・
(1) 太陽電池モジュールの変換効率が一定の数値を上回ること。(太陽電池の種類毎に基準値を設定)
⇒国内メーカーの製品ほぼ全てが対象です
(2) 一定の品質・性能が確保され、設置後のサポート等がメーカー等によって確保されていること。
⇒国内メーカーの製品には通常10年の保証が付くため問題ありません。
(3) 最大出力が10kW未満で、且つシステム価格が70万円(税抜)/kW以下であること。
(4) 中古品は対象外。未使用品が対象
・・・以上、4つです。
Q. 国以外の補助金制度はある?
A. 地方自治体でも補助制度があります!
各都道府県や市区町村によって補助金や助成金が設定されています。国の補助金との併用も可能な場合もあるのでお住まいの地方自治体の窓口で確認してみましょう。
→詳しくはこちら

たとえば、東京都では2009年4月から2ヵ年にわたり、kWあたり10万円の補助が出ます。国の制度とも併用できるので、さらに37万円の補助が受けられることになります。
→詳しくはこちら


● すでに設置されている方も対象に!?

太陽光発電を既に使用されているお客様も、太陽電池と一緒にパワーコンディショナーを設置(増設または取り替え)する場合、補助対象になります。2005年以前の機種ではパワーコンディショナーの変換効率が91%(シャープの場合)で、発電電力の表示のみでしたが、現行のパワーコンディショナーは変換効率が94.5%(シャープJH-S6A2の場合)となり、発電電力だけでなく、消費電力・売電している電力もリアルタイムで表示されます。

● まずは調べてみましょう!

太陽光発電をお考えの方は、まず設置場所の立地条件の調査が必要です。立地条件によって設置できるシステムの大きさ、価格、おおよその発電量の試算、省エネ効果などが大きく違ってきます。日本エコシステムではただ今、「無料エコ診断キャンペーン」中です。発電量と省エネ効果試算のほか、お見積もりも合わせてお作りしています。また、日本エコシステムでは、何かと手間のかかる補助金申請の代行も行っております。お気軽にご利用ください!
投稿時刻 16:05 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)