MENU
> コジさんのはんなりエコ日記 > コジさんのエココラム

コジさんのエコな日々

2008年12月25日(木)

かんたんエコ生活~ヘアドライヤー編~

  • mixi

寒い季節、お風呂上りのヘアドライはできるだけ早く済ませたいものです。髪の毛を乾かすのって意外と時間がかかりますよね。でも丁寧に乾かさないと痛んだり、セットがきまらなかったり・・・。今回はドライヤーの特集です。話題の商品や、手早くしかもキレイに髪を乾かす方法などを紹介します。

● ドライヤー、買い換えるなら

新製品は省エネ性能が従来品よりも格段にアップしているものがほとんどです。さらに髪にやさしい様々な工夫がいっぱいです。今話題の「ナノケア」と「マイナスイオン」とはどんなものなのでしょうか?

< マイナスイオンとは >
マイナスに帯電した酸素と空気中の微細な水分が結合したものがマイナスイオン。通常、髪は静電気がたまってプラスに帯電しています。キューティクルがはがれてパサついた髪の毛にマイナスイオンが届くと静電気が中和されて水分が浸透し、潤いが持続します。

< ナノケアとは >
水に包まれた微細なイオン「nanoe(ナノイー)」を発生させて髪や肌の水分バランスを均一にすることによって、ツヤやなめらかさを与えるケア方法。髪の場合、うねりのない髪になったり指どおりがなめらかになったりします。マイナスイオンよりも水分量が1000倍も多くお肌と同じ弱酸性で人にやさしいのが特徴です。

● きれいな巻き髪スタイルを手早くつくる

< ヘアアイロンの活用 >
ヘアアイロンとは髪を乾かすものではなく、オシャレなヘアスタイルを作るためのものです。まず髪を十分に乾かしてから保湿液などをつけてから、ヘアアイロンでセットしましょう。ストレートヘアや巻き髪、ねぐせ直しなど、ドライヤーでは難しいヘアスタイルも短時間でばっちりきまります。

< ヘアアイロンの使い方ワンポイント >
ヘアアイロンは、下の髪からあてるのがコツです。上からあてると均一にならずムラができます。巻き髪の場合ヘアクリップなどで数ブロックにわけ、少しずつ巻いていき5秒ほどキープし毛先までヘアアイロンを滑らせます。ストレート用のアイロンは使いすぎると髪の毛が痛む場合があるので、美容師さんに相談してアドバイスを受けてから使ったほうがいいようです。

● 今日からできる省エネポイント

< タオルドライをしっかりと >
ドライヤーを使う前によく髪の毛をタオルで拭きましょう。ドライヤーを使う時間が短くて清みますし、よくタオルドライした方が髪を傷めません。タオルドライは毛先よりも地肌に近い生え際を重点的に乾かすようにすると、効率よく水分を吸い取れます。ドライヤーを使う時間を1日3分減らすと1年で約500円の省エネ効果があります。

< 髪を早く乾かすコツ >
濡れた髪に乾いたタオルを乗せ、その上からドライヤーを当てると髪の毛が乾きやすいという裏技がテレビで紹介されたことがあります。試したところ、いつもより少し早く乾きました。さらにドライヤーを当てるときに、地肌に指を入れ込み、風を送り込むようにしましょう。髪の内側がいつまでも湿っていると乾いたときに髪が広がりやすくなります。

< ドライヤーの通気口はきれいに >
ほこりがたまっていると、空気の吸い込みが悪く電気が余計にかかります。また、熱を発する電化製品の場合、ほこりやごみは思わぬ事故(出火など)を引き起こしかねません。いつもきれいにすることが大切です。

■ パナソニック「ナノケア EH-NA90 」のご紹介
---------------------------------------------------------------
< ナノケアで驚きの指通り >
強弱のある間隔で「nanoe ナノイー」を発生させ、髪へ浸透させます。水分バランスが均等になり、うねりを抑え光を反射するあふれるツヤとなめらかな指どおりを実現。

< 髪も地肌も美しく >
「nanoe ナノイー」によって地肌を弱酸性に保ち、皮脂量を減らしすこやかな地肌に。
痛んだ髪に水分を与えキューティクルを引き締め、うるおいを保ちます。

< スピード乾燥 >
速乾ノズルですばやく乾燥。濡れた毛束をほぐしながら、効率的にセットできます。

■詳しくは
パナソニック「ナノケア EH-NA90 」公式ホームページ
http://ctlg.panasonic.jp/product/info.do?pg=04&hb=EH-NA90
投稿時刻 15:12 | 個別ページコメント(0)トラックバック(0)